読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

征竜でゲーテジョウゲンに挑む

征竜

 

魔導相手に

 

・闇デッキで大量に落としたり

・ワンキルしたり

・ドロールやヴェーラーで初動を止めたり

 

することに成功すれば勝てるのは当然として

 

 

征竜は、除去されても除去されても出てくる後続で、神判でブーストした魔導とも、まともに戦うことができる数少ないデッキです。

(と現在思ってます)

 

 

征竜で魔導と戦っていて気づいた負けパターンがあります。

というか3戦しかやってませんが負けた2戦ともこれで負けました。

     ↑リンク、最下部 

 

タイトル通りジョウゲンゲーテです。

ジュノンなど立って優位に立っているとき、神判から呼んで特殊召喚を封じ逆転を許さないカードですね。

 

 

昇霊術師 ジョウゲン

 

ガンナードラゴン、ネクロフェイス、リアクタン、ストリームと

特殊召喚できなくても出せる下級がある程度入っているので、なんとかなると考えていましたが、甘かったです。

 

ゲーテもセットで置かれることが多くて

厳しくて厳しくて厳しくて辛~いよぉ~ぉおおお

 

 

1、サイクロン

今まで、サイクロン0の構築を使っていましたが

もしサイクロンがあればゲーテを射抜いて、突破できたんじゃないかな

という場面もありました。

ただ魔導の使う罠カードで和睦の使者という大きな裏目もありますし

2枚伏せられたら、完全に運です。

征竜の認知度が上がれば、魔導といっしょにメタりつつ、自分へのD.D.クロウなども防ぐ、王宮の鉄壁など、征竜に刺さる永続カードが増えることも考えられます。

また、いろんな門やネクロ、炎舞、ミラーのDDRなど当てるカードはどのデッキにもあり、エクシーズで伏せを踏んでくより除去していったほうが効率が良さそうなのもたしかにあります。

ということでサイクを検討します。

メインにもサイドにも0はやめようかな。

と言ってもこのデッキサイクがあんまりいらない気も。

むずかし。

 

 

 

 

2、炎属性の増量

征竜の除去といえば、ブラスターがいます。

炎属性を増やし、かつブラスターを手札に確保しておくプレイングを心がけることでジョウゲンをどうにかするプランを考えました。

増やす炎属性の候補としては

 

例えば火舞太刀

・伏せておけばワンチャン、ジュノンに破壊されて道連れにできる

・征竜の苦手なオピオンを1体だけ処理できる。

 

例えばガード・オブ・フレムベル

・ブラスター除外からサーチ可能なレベル1チューナー。

・レベル8シンクロを容易にし、魔導に有効な、クリムゾン・ブレーダーや

闇デッキの媒介となるレッド・デーモンズを簡単に出せる。

 

例えばヴォルカニック・バレット

・手札コストとして有名な炎属性。ブラスターのコストにもなり役割を持てる。

 

などの炎属性を増やして対応するなど考えられます。

 

バーナーが来たら当然これも入れますね。

 

 

 

他の案としては、神判からジョウゲンが出るような詰みの状況を作られる前にキルですかね。

征竜でどれくらい安定して8000削るところまで持ってけるか。

どれくらい下準備が必要か。

ぼくは、初ターンからドラゴサックが立つのに、中盤終盤墓地が増えてさらに展開力が増してく持久力が魅力だと思いますが。現在。

 

 

 

 

 

こんなかんじでいろいろ、魔導のジョウゲンにも屈しないデッキにしたいのです。

オピオンもどうにかしたいので、炎属性増やすのは確定としてどれにするか。

 

 

 

で負けた相手のゆきだるま君、寝ちゃったので、明後日追試的なの終わってからのお楽しみということで。

 

明日は数学ちゃんとやって単位なんとかしないと(´・_・`)

 

 

 

とりあえず早く

 

「征竜はジョウゲンがほぼ完璧な回答になるな」(ドヤァ

 

とか言ってる彼に征竜はそんなに甘くないぜと。

わからせたい。