読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョウゲン2枚目必要かな

魔導

どうかな考えの途中メモ 

 

f:id:okami-no12:20120214023011j:plain

 

征竜を相手にしたとき

ジョウゲンを出して毎ターンゲーテを発動できるようにすれば突破がかなり難しく、

その間に横にあらかじめ置いておいたジュノンや追加したバテル、ゲーテで一旦ジョウゲンを寝かせて追加したジュノンやランク2モンスターでライフを削り切れるので強いです。

 

といってもゲーテジョウゲンで構えられれば勝ちが確定するというわけではなく

 

・嵐からの戦闘破壊、

・ブレイクスルースキルや聖杯にトーラを合わせられない、

月読命やブラスターなどモンスターの効果

 

など他にもいろいろな手によって突破されることは多くあります。

 

 

しかし突破されたらそれで負けるという単純なことは少なく

 

ゲーテを剥がしてからの戦闘破壊ならメイン2に展開されることになるのでライフは減りませんし

 

・ブラスターの破壊効果なら、そのターン相手はブラスターを絡めて展開できないのでワンキルに届かないことは多いです。

 

月読命やスルースキルでの突破でも、モンスターが横でおいてあるだけで、相手がキルできるパターンはだいぶ少なくなります。

 

・今あまり考えてませんがパペットプラントでの突破とかだと残らない率も高いかもしれません。

 

ということで突破されても次のターンがあることが多いので

突破された次のターンが大事です。

 

 

 

ここで相手の展開を全て除去して

ネクロの魔導書からジョウゲンを出してゲーテの魔導書を構えることができれば、突破前と同じ状況になり相手はかなりきついです。

 

しかし、システィからジュノンをサーチしていない、手札が足りない、制限時間内に処理法を思いつかなかったなど様々な理由で、相手のモンスターを捌ききってネクロの魔導書とゲーテをサーチしている余裕がないときもあります。

 

そんなときぼくが、神判から出したくなるのが2枚目のジョウゲンです。

これがデッキにいるのといないのでは、征竜相手の楽さがだいぶ変わります。

※採用したことないのでイメトレの中での話

 

 

ただ、ジョウゲンは素引きすると嫌なカードで、たいていのデッキに使いどころがありますが、パッとしない相手も多いです。

また魔導はモンスター比率を上げると事故に繋がってしまうので、2枚目を入れるのにかなり抵抗があり、入れるならサイドデッキかなと思います。

 

でサイドの他の征竜へのカードを押しのけて入るか考えてみると

 

ぼくが今考えるに、

ジョウゲンの2枚目が回ってることが前提な面のあるカードで、

 

闇デッキの弾を用意させない、事故を起こしているとき相手の展開を妨害し延命の助けになる群雄割拠

 

魔法カードなので神判のカウントを貯められる。ドロールやヴェーラーをケアできる次元の裂け目

 

それらの強豪を押しのけて入るのか?というとちょっと悩むかなと思います。

 

回ってる前提と言っても、手札を捨てて特殊召喚されたモンスターを破壊する起動効果も優秀で素引きしても延命に使える。

と思っても、事故ってるときにジョウゲンで手札という巻き返しのチャンスをランダムに削りながら場を片付けるのは信用しづらく、ヴェーラーやスルースキルで負けにつながったり

 

 というかデッキから呼べるカードだから比べる対象が全然違うとか

 

 

という思考の段階ですっていうメモ