読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジュアルデッキでもレートサーバー利用していく(海外版ADS)

 

海外版ADSではレート戦を楽しめますが、いろいろ始めるのをためらっている~という声をよく耳にしてもったいないなーと思います

 

まず、ぼくとしてはカジュアルでもガチでもレートサーバーで楽しめるので、カジュアルデッキを使う方でもレートサーバーを一度利用してみてほしいと思ってます。

いくつか理由を並べていきたいです。

 

1.近いレートの人とマッチングするシステム

 

このシステムのおかげで、レート帯によってマッチングするデッキがかなり違います。

征竜魔導など強いデッキを使う人が上のレートにたまっていき、

中堅デッキを使っていればそれくらいのレートにいき、

強いとは言い難いデッキだと下の方に~

というようにレートサーバーで戦っていれば自然と自分の使っているデッキに見合ったレートになるので自分に合った対戦相手を見つけることができます。

 

レートサーバーと出会う前にもADSのネット対戦は日本版海外版ともにけっこうやっていたんですが、

ADSでは、部屋名にガチとかネタとか書かずデフォルトのGameで部屋立ってることが、かなり多いので、

ADSでネット対戦していれば、誰でも自分の戦いたくない強さの相手とマッチングしてつまらない気分になってしまう経験はあると思います。

(例えば魔導vs鉄壁も入ってない魔導意識してないワームとか時間が無駄です)

 

そういった、相手と求めるものが噛み合わずお互い時間を無駄にしてしまうという、ネット対戦でありがちだった点を見事に解決してくれているところがレート戦の大きな魅力だと考えます。

 

 ぼくは、この自分と似たようなデッキを使う対戦相手を見つけられるというレートの性質を凄く気に入っているので、

ADSでネット対戦するときは、征竜、魔導~エーリアン、エクゾまで全てレートサーバーで複数のアカウントを使い分けながら行っています。

ちょっとオススメなプレイスタイルです

 

 

2.ランキング表に名前が載る

f:id:okami-no12:20130510214227j:plain

http://www.ygopro.co/ServerStatus/Ranking.aspx?

どんなデッキでもこんなかんじのわりとかっこいいランク表に名前を載せることができます。

現在海外版ADSの初期のレートは1000です。

そしてこのランク表に名前が載る最低ライン5000位のレートが現在1035です。

勝つ度に目に見えて表の自分の名前の位置が上昇していく様子を低レートの段階から楽しめるわけです。

下がったら悔しかったり切なかったりといった燃えもあります。

 

そして1位2位になれなくてもランキングを楽しむことはできます。

(例えば、ぼくは昔エーリアン縛りでレート上げていく遊びをしていて、エーリアンでこのレートまでいけた~と一人でやっほいしてました )

 

オススメしていく

 というようにせっかくADSのネット対戦やるならレート戦やるべしだな~と思う点がいくつもあります。

レートのガチな雰囲気が嫌い~フリーしたい~という方 は多いと思いますが、わりとレート帯による住み分けができていて楽しめると思うので、試しに軽い気持ちで始めてみてほしいと思います。

自然と自分が5分5分くらいで戦える相手の多いレート帯で落ち着くはずです。

  

逆に征竜と魔導刈り取っていきたいな~という方は、ぼくの記憶だと征竜魔導と当たり始めるまで何十戦かしないといけなかった気がするので多少苦しいかもしれません。

 ぼくは俺TUEEEEEEEEEEE!!!!!!できて楽しかったですけどね(下衆の極み

 f:id:okami-no12:20130510224943j:plain

 

まずいスクリプト

あとシスティにヴェーラー使えたり、ドロールが変なタイミングで使えたりまずい部分もあるので、そういうのでイライラさせられることもありますが、

全員がヴェーラーをそんな使い方で使ってくるわけではなく、たま~に当たるくらいなので(ぼくの体感)そんなにビビらなくてもいいと思ってます。

そのたま~にが良くないんですが

 f:id:okami-no12:20130415155954j:plain 

 

振り返り

とレートサーバーの利点をいろいろ書いてみましたが、よく潜ってたのは1ヶ月前のことで、最近は微妙に忙しくてあんまり潜れてないのでぼくが潜ってない間に、低レートの様子もいろいろ変わってるかもしれません。

とりあえずぼくがよくやってた時期は中間レートくらいまでいろんなデッキがいて、上は征竜魔導とたまにヴェルズ、ごく稀に水精鱗、カラクリ、ドラグなどみたいなかんじでいいかんじでしたという宣伝でした。

 GoodGameしていきましょう!