読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔導 必殺技

魔導 ネタ

ちょっと思い立ってエキサイト翻訳しながら魔導で使えるちょい技の名前を考えたのでいざ公開

 

運命の加護 ーフェート・オブ・プロテクションー

f:id:okami-no12:20130909001509j:plain

初動で手札がクレッセン+グリモのときに狙える技。

クレッセンからゲーテの魔導書が加わった場合、グリモからバテルをサーチして

バテルを召喚したところにヴェーラーを打たれても、墓地にクレッセンとグリモで魔導書が2枚加わっているためゲーテの魔導書の裏側にする効果でバテルへのヴェーラーを避けられつつバテルを裏守備表示にされてしまう!

クレッセンからサーチしたカードは相手にはわからない。

よってこの動き方をすると相手はヴェーラーを初動のバテルに当てづらくなるという技。

 

もしゲーテ以外が手札に加わったとしても、クレッセンのサーチ先をグリモ、セフェル、ゲーテにしておけば、どれが来ても(セフェルならもう1枚何かしらの魔導書が必要だが)手札にグリモかバテルをキープできるので、そんなに悪くない。

 

 

すり抜ける城壁 ークラウド・ウォールー

f:id:okami-no12:20130909001429j:plain

モンスター:バテル

罠、魔法 :強制脱出 、ゲーテ 、何かしらの伏せ

という布陣です。

普通の3伏せに見えてこの伏せ方は、大嵐を打たれても被害が最小限で済みます。

強制脱出でバテルを手札に回収、ゲーテの伏せカードを手札に戻す効果で伏せを回収とすることで大嵐で失うアドバンテージが実質ゲーテの1枚分になります。

 

 

これの応用技として

隠された破滅 ーヒドゥン・ルインー

f:id:okami-no12:20130909001451j:plain

モンスター:バテル

魔法、罠 :強制脱出 、ゲーテ 、大嵐

3伏せにより相手の多伏せを誘い大嵐を当てます。

ゲーテの回収効果を使って伏せカードを1枚手札に逃せるので、相手の大嵐でこちらの大嵐が無駄にならないです。

ゲーテも脱出も発動するタイミングを選ばない罠なので、相手が多伏せで返してきたときに大嵐をぶつけやすいです。

 

 

俊敏な決定 ークイック・ジャッジメントー

f:id:okami-no12:20130909001402j:plain

初動のバテル、グリモという手札で成り立つ技。

普通にバテルグリモセフェルとサーチすると墓地にたまる魔導書はグリモセフェルの2枚でゲーテの2枚除外して表示形式を変更する効果しか使えない。

ここでバテルからクレッセンを加え、クレッセンを経由してグリモセフェルと使うことで1ターン目からゲーテの墓地の魔導書3枚を除外する効果を使える。

クレッセンのサーチはランダムで本当なら何をサーチできるかわからないが、グリモと組み合わせることで好きなカードをサーチできる。

 

最終的な手札をゲーテ、グリモにしたいならクレッセンのサーチ先をセフェル、グリモ、ゲーテ

ラメイソン、ゲーテにしたいならサーチ先はセフェル、ラメイソン、ゲーテというようにすれば運に左右されずカードをサーチしつつ墓地に3枚魔導書を置ける。

 

 

まとめ

「オレのデッキさ~今、クイック・ジャッジメントのためにクレッセンが1枚だけ入っていて、さらにクラウド・ウォールを狙うために月の書1、強制脱出3という大嵐にチェーンしてバテルを再利用できる罠を4枚入れてるんだよね~」

というように日常会話でも自然に使えるような言いやすい名前にしてあります。

 

想定してる技の名前を宣言するタイミングはですね

  1. クレッセングリモでバテルへのヴェーラーに対してゲーテを使えるようにするやつは、いつ言っても問題ないので、クレッセン発動前で
  2. 脱出ゲーテなんかバテルで構えるのは、言うと脱出か月の書があることがバレるので、脱出か月の書を発動するタイミング
  3. ”隠された破滅”は言うと大嵐がバレるので大嵐を発動するタイミング
  4. あと初動で3枚除外ゲーテを打てるようにするのは、ヴェーラーを確認する前に技をバラすとグリモを握っているのがバレるので、バテルを召喚してヴェーラーなどありますか?と聞いた後ですね。

 

ぼくは恥ずかしいので言わないですが、お好きに真似してどうぞ()