読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月カード考え Part1

新カード考察

久々に新カード考えてきます

 

Vジャンプ

ギアギアングラー  7.9

星4 地属性 機械族 ATK/500

このカードが召喚に成功した時、デッキから「ギアギアングラー」以外の機械族・地属性・レベル4モンスター1体を手札に加える事ができる。この効果を発動したターン、自分は攻撃宣言できず、機械族モンスターしか特殊召喚できない。

  • ギアギアクセルをサーチしてくればそのまま特殊召喚することで、このカード1枚からギアギアガントXを出せる。
  • ガジェットをサーチできるので、ガジェットの数を水増ししガジェットを引かない確立を減らすことができる。
  • 中盤に引くと攻撃宣言できないデメリットが重そうなので、ガジェットの水増し目的はかなりきついかもしれない。ギアギアアクセルサーチからのギアギガントXはかなり強いのでよく見かけるカードになりそうに見える。

 

新パック LOTV

クリボー  5.8

星1 光属性 悪魔族・効果 ATK100/DEF100

「虹クリボー」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度ずつ発動できる。●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。この効果でこのカードを装備しているモンスターは攻撃できない。●相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

  • 手札から相手に装備して1回、装備が外れて墓地にいって墓地から蘇生して1回。と2度相手の攻撃を止めることができる。
  • 特にモンスターからモンスターへの攻撃を手札から止めることのできるカードは今まで、僕が生きてるうちに3,4回しか使われたことのないくらいマイナーなジェントルーパーや武神でたまに見かけたビビット騎士くらいだったので、攻撃を止める効果+それ以外のそこそこ使える効果を持つ虹クリボーはそこそこ強そう。
  • ジェントルーパーと違い装備されている間そのモンスターは攻撃できないので相手モンスター1体を機能不全にできる。

 

光子竜の聖騎士(ナイト・オブ・フォトンドラゴン) 1.2

星4 光属性 戦士族・儀式 ATK1900/DEF800

「光子竜降臨」により降臨。このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。また、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、デッキからカードを1枚ドローする。

  • 昔これの青眼バージョンがいた気がする。なつかしい
  • 専用の儀式魔法の効果をまだ見ていないが、それが儀式で失ったアドバンテージを回復できるような効果を持っていないならかなり微妙。

 

RUM-アストラル・フォース  4.1

通常魔法

自分フィールド上のランクが一番高いエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターと同じ種族・属性でランクが2つ高いモンスター1体を、選択した自分のモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。また、このカードが墓地に存在する場合、自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、墓地のこのカードを手札に加える事ができる。この効果を発動するターン、自分は「RUM-アストラル・フォース」の効果以外でモンスターを特殊召喚できない。

  • ランク4のギアギガントXとかにこれ使ってトレミス出せたら鬼。と思ったけど種族属性の縛りがかなり厳しい。
  • 聖光の宣告者からルーラーを出せる。などいろいろある。これから出せるモンスターは増えていくはずなので期待。

 

オノマト連携  4.1

通常魔法

手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキから以下のモンスターを各1体ずつ、合計2体まで手札に加える。「オノマト連携」は1ターンに1枚しか発動できない。

●「ズババ」と名のついたモンスター

●「ガガガ」と名のついたモンスター

●「ゴゴゴ」と名のついたモンスター

●「ドドド」と名のついたモンスター

  • サーチ先を把握してないのでよくわからない()あんまり強く見えない。

 

フォトン・チャージマン  1.3

星4 光属性 戦士族 ATK1000/DEF1000

1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。このカードの攻撃力は、次の自分のスタンバイフェイズ時まで元々の攻撃力の倍になる。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

  • カラテマン
  • ・・・よりよく見たら弱い。フォトンサポートを受けられる。

 

光子竜降臨  2.1

儀式魔法

「光子竜の聖騎士」の降臨に必要。自分の手札・フィールド上から、レベルの合計が4になるようにモンスターをリリースしなければならない。また、自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。レベルの合計が4になるように自分の墓地のモンスターをゲームから除外し、手札から「光子竜の聖騎士」1体を儀式召喚扱いとして特殊召喚する。

  • 墓地の儀式素材を除外して墓地から発動できる儀式魔法。
  • が光子竜の騎士が儀式モンスターにしてはスペック低いので微妙に思える。

 

紅姫チルビメ  2.2

星8 地属性 植物族 ATK/1800 DEF/2800

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は

他の植物族モンスターを攻撃対象に選択できない。また、このカードが相手によって墓地へ送られた場合、デッキから「紅姫チルビメ」以外の植物族モンスター1体を特殊召喚できる。

  • そのうち「○姫○○」をサポートするカードなんて出そうな雰囲気。

 

ZW-阿修羅副腕  2.1

星4 炎属性 天使族 ATK/1000 DEF/1000

自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを攻撃力1000ポイントアップの装備カード扱いとして自分フィールド上に存在する「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。装備モンスターはフィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃できる。「ZW-阿修羅副腕」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

  • オネストやホープレイヴィクトリーと合わせて簡単に1KILLを狙える。

 

エクシーズ・アヴェンジャー  2.4

星4 闇属性 悪魔族 ATK/1800 DEF/700

このカードはエクシーズモンスターの効果を受けない。また、このカードがエクシーズモンスターとの戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、このカードを破壊したエクシーズモンスターのランクによって、以下の効果を発動する。

●ランク3以下:相手はエクストラデッキのカード1枚を選んで墓地へ送る。

●ランク4:自分は相手のエクストラデッキのカード1枚を選んで墓地へ送る。

●ランク5以上:相手はそのエクシーズモンスターのランクの数だけ、エクストラデッキのカードを選んで墓地へ送る。

  • ランク4、5以上に戦闘破壊されたときの効果はけっこう強め。がトリガーが戦闘破壊で微妙。
  • 属性種族は優秀な闇属性悪魔なのでエクシーズモンスターの効果を受けない1800打点として小学生ビートの主力アタッカーになれる。

 

ゴーストリック・ミュージアム  2.3

フィールド魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、「ゴーストリック」と名のついたモンスター以外の自分フィールド上のモンスターは攻撃できない。また、お互いのフィールド上のモンスターは、裏側守備表示のモンスターに攻撃できず、相手フィールド上のモンスターが裏側守備表示のモンスターのみの場合、相手プレイヤーに直接攻撃できる。戦闘ダメージを与えたモンスターはダメージステップ終了時に裏側守備表示になる。

  • 裏守備モンスターを戦闘から守ることができる効果と攻撃したモンスターを裏守備にできる効果を持ったフィールド魔法
  • GT以外だと攻撃できない制約がついているのでGT以外のリバースモンスターと組み合わせてループ~はできない。
  • GTの効果把握してないので微妙そう