読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新カード考えるPart9 書き忘れ

新カード考察

Part9でLOTVの新カード評価終了。

 

ギラギランサー  4.9

星6 地 戦士族 2200/800

相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分はエンドフェイズ毎に500ポイントダメージを受ける。

  • サイドラと同じ条件。自分相手のエンドフェイズ毎500ダメージを受ける。レベル6、2200
  • 条件が似たフォトンスラッシャーよりもサイドラよりも攻撃力が高くて一瞬かなり強く見える・・・のに使い方がわからない時代
  • 聖刻のトフェニと比べて1体で戦闘もこなせるところで勝っている。

 

オーバーレイ・スナイパー  2.2

星4 光属性 戦士族 ATK/2000 DEF/0

このカードは特殊召喚できない。このカードは召喚に成功した時、守備表示になる。また、自分フィールド上にエクシーズ素材を持ったエクシーズモンスターが存在する場合、墓地のこのカードをゲームから除外し、相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターの攻撃力は、自分フィールド上のエクシーズ素材の数×500ポイントダウンする。

  • 特殊召喚できず、召喚すると守備表示になる。墓地から除外し、相手モンスター1体の攻撃力を自分の場のエクシーズ素材の数かける500ダウン。
  • チェインで落とす使い方を考えてみた。2300までしか倒せない。その使い方は微妙だった・・・。

 

オーバーレイ・ブースター  2.3

星5 光属性 戦士族 ATK/2000 DEF/0

自分フィールド上に攻撃力2000以上のモンスターが存在する場合、このカードは手札から表側守備表示で特殊召喚できる。この方法による「オーバーレイ・ブースター」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。また、墓地のこのカードをゲームから除外し、自分フィールド上にエクシーズ素材を持ったエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターの攻撃力は、そのモンスターのエクシーズ素材の数×500ポイントアップする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

  • 攻撃力2000以上が自分に場にいるとき守備表示で特殊召喚。レベル5光属性。墓地へ送られたターン以外に墓地から除外し、エクシーズモンスター1体の攻撃力をそのモンスターの素材の数×500UP。
  • レベル5の光属性なのでプレアデスの素材になれる。

 

ディープ・スペース・クルーザー・ナイン  1.2

星9 光属性 機械族 ATK/900 DEF/900

このカードは手札からこのカード以外の機械族モンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。

  • 手札から機械族を墓地へ送り、手札から特殊召喚。レベル9、900。
  • 微妙。

 

武神-アラスダ  5.2

星4 光属性 獣戦士族 ATK/1600 DEF/1900

自分のフィールド上・墓地の「武神」と名のついたモンスターがゲームから除外された場合、このカードを手札から表側守備表示で特殊召喚できる。また、このカードがフィールド上に表側表示で存在し、「武神」と名のついたカードがドロー以外の方法で自分のデッキから手札に加わった場合、そのターンのエンドフェイズ時に1度だけ発動できる。デッキからカードを1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。「武神-アラスダ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

  • 特殊召喚できる下級武神。同じ弾で墓地からそこそこ自由に除外できるサグサが出ていて、特殊召喚はそこそこしやすい。

 

墓守の審神者  1.7

星10 闇属性 魔法使い族 ATK/2000 DEF/1500

このカードはモンスター3体をリリース、または「墓守」と名のついたモンスター1体をリリースして召喚する事もできる。このカードが召喚に成功した時、その召喚のためにリリースした「墓守」と名のついたモンスターの数まで、以下の効果から選択して発動できる。

●このカードの攻撃力は、その召喚のためにリリースしたモンスターのレベルの合計×100ポイントアップする。

●相手フィールド上にセットされたモンスターを全て破壊する。

●相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力・守備力は2000ポイントダウンする。

  • 裏守備モンスター破壊、攻守2000ダウン、攻撃力UPから生贄にした墓守モンスターの数まで使うことができる。

 

幻妖種ミトラ  5.1

星3 地属性 植物族・チューナー ATK/500 DEF/1000

このカードをシンクロ素材とする場合、地属性モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。自分のメインフェイズ時、フィールド上の地属性モンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターのレベルを1つ下げる。「幻妖種ミトラ」の効果は1ターンに2度まで使用できる。

  • 地属性のシンクロにしか使えない。地属性モンスターのレベルをターンに2つまで下げることができる。レベル4、5の地属性モンスターとランク3になったり、レベル1~3のチューナーとして扱えたり。
  • メリアスの木霊やナチュルシンクロなど状況に合わせて器用にシンクロエクシーズできる。植物サポートも受けることができる。

 

森の聖獣 カラントーサ  1.4

星2 地属性 獣族 ATK/200 DEF/1400

このカードが獣族モンスターの効果によって特殊召喚に成功した場合、フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

  • アベルンと一緒にレスキューキャットで出して相手カードを破壊しつつナチュルビーストを出せるので強い(嘘)
  • 巨大ネズミから呼んで除去できる

 

No.39 希望皇ホープ・ルーツ  6.8

ランク1 光属性 戦士族・エクシーズ ATK/500 DEF/100

レベル1モンスター×2

自分または相手モンスターの攻撃宣言時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスターの攻撃を無効にし、そのモンスターがエクシーズモンスターだった場合、このカードの攻撃力はそのモンスターのランク×500ポイントアップする。

  • ホープと同じ効果(自壊はしない)+攻撃を無効にしたのがエクシーズなら攻撃力UP。
  • デュラハンやシャイニートと比べ他の自分モンスターと並べたときそれを守ることができる。自分の高ランクの攻撃を止めて高打点になる使い方もできる

 

武神帝-ツクヨミ  5.1

星4 光属性 獣戦士族・エクシーズ 1800/2300

光属性レベル4モンスター×2

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。手札を全て墓地へ送り、デッキからカードを2枚ドローする。また、このカードが相手のカードの効果によってフィールド上から離れた時、その時にこのカードが持っていたエクシーズ素材の数まで、自分の墓地からレベル4の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターを選択して特殊召喚できる。「武神帝-ツクヨミ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない

  • 手札を全て墓地へ送り2枚ドロー。フィールドから離れるとそのときのエクシーズ素材の数まで墓地のレベル4の獣戦士武神を特殊召喚。
  • 打点が弱めでヤマト、ミカヅチを素材にして出したい場面は少なそう。ヤマトの隣にアラスダ+武神器で打点を作りたいときなど、罠を踏んでも痛くなく堅実にアドバンテージを稼げるこのカードを出したいような場面もありそう

 

妖精騎士イングナル  4.1

星6 地属性 植物族・エクシーズ 2200/3000

レベル6モンスター×3

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。このカード以外のフィールド上のカードを全て持ち主の手札に戻す。この効果の発動に対して相手は魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。

  • 素材を2つ外してこのカード以外のフィールドのカード全てを持ち主の手札に戻す。さらにこの効果に相手のカードをチェーンされない。
  • チェーンされない効果は先打ちヴェーラー、脱出や奈落で普通に邪魔されるが、天罰や墓守やIFのカウンターなどを無視して場をリセットできる。
  • 現状レベル6×3は出しづらくわりに合いづらい効果なので今後期待。

 

ダウナード・マジシャン  8.1

星4 闇属性 魔法使い族・エクシーズ 2100/200

魔法使い族レベル4モンスター×2

このカードは自分のランク3以下のエクシーズモンスターの上にこのカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。この方法によるエクシーズ召喚は自分のメインフェイズ2にしかできない。このカードの攻撃力は、このカードのエクシーズ素材の数×200ポイントアップする。このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。このカードが戦闘を行ったダメージ計算後、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く。

  • メイン2、ランク3以下のモンスターに重ねて出せる。
  • 攻撃力が素材の数×200UPでランク3に重ねて出すと実質2700.
  • 貫通持ちで戦闘を行う度素材を取り除く。魔法使い縛りで正規エクシーズは難しい。
  • 魔導のバテルバテル、代行天使の球球で打点を作ろうとすると今まで1600のシャインエルフだったところ2700のダウナードまで伸ばせたり、その他いろいろな低ランクエクシーズが出やすいデッキで簡単に打点を作れる(メイン2だが)。

 

RDM-ヌメロン・フォール  2.1

通常魔法

自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターよりランクが低い「希望皇ホープ」と名のついたモンスター1体を、選択した自分のモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。この効果でエクシーズ召喚したモンスターは以下の効果を得る。

●このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される。

  • ホープ専用でランクダウンさせて、戦闘するモンスターの効果を無効にする効果を付与する。
  • ランクダウンしてそこまでうまみのあるホープがいなくて微妙。

 

エクシーズ・シフト  3.8

通常魔法

自分フィールドのエクシーズモンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと種族・属性・ランクが同じでカード名が異なるモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚し、このカードを下に重ねてエクシーズ素材とする。このカードで特殊召喚したモンスターは、エンドフェイズに墓地へ送られる。「エクシーズ・シフト」は1ターンに1枚しか発動できない。

  • エクシーズモンスターをリリースし、種族属性ランクが同じでカード名が異なるモンスターを特殊召喚し、このカードを素材とする。これで出したモンスターはエンドフェイズに墓地へ。
  • 紋章獣のプレインコートなど墓地へ置きたいエクシーズと組み合わせたり素材×2のエクシーズを素材×3のエクシーズに変えたり。
  • エンドフェイズに出したカードは墓地にいってしまうのが使いづらそう

 

次は今までのまとめです。