読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRIO新カード評価Part8:新規武神

新カード考察 武神

PRIOもいろいろ考えていきます

武神-ヒルメ  7.8

星4 光 獣戦士族 2000/1000
このカードは通常召喚できない。「武神-ヒルメ」以外の自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体をゲームから除外した場合に特殊召喚できる。ま た、この方法で特殊召喚したこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。自分は手札を1枚捨てる。その後、相手は手札を1枚選んで 捨てる。「武神-ヒルメ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

今まであったコラプ・サーペントと同じ役割で使えて打点もコラプより高く武神や獣戦士のサポートを受けることもできる。

破壊されたときの効果も「~された場合」でタイミングを逃さず使えるのでそこそこ。モンスターが溢れているときの天キのサーチ先、スサノヲのサーチ先として1枚入っているとかなり違いが出そう。

昔書いた記事から発掘

コラプサーペント

特殊召喚の条件は、武神は全て光属性で特にハバキリは自然と墓地に置くことができるので満たしやすいです。そこから、ダイヤウルフなどのランク4につながります。

墓地の武神を除外することで武神降臨を使うのに必要な除外ゾーンの武神を用意することができるので武神降臨を自然に使いやすくなります。

サグサがまだ出てないときの考え方ですが、自分の場をあけて武神降臨の条件を満たすダイヤウルフ以外にも武神エクシーズにもつながるのでコラプの上位互換として使えてなかなか悪くないと思います。

 

武神姫-アマテラス  5.4

星4 光 獣戦士族・エクシーズ 2600/2500
レベル4モンスター×3
「武神姫-アマテラス」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 発動したターンによって以下の効果を適用する。この効果は相手ターンでも発動できる。●自分のターン:ゲームから除外されている自分のレベル4以下のモン スター1体を選択して特殊召喚する。●相手のターン:ゲームから除外されている自分のレベル4以下のモンスター1体を選択して手札に加える。

 素材縛りがないので他にも使える扱えるデッキはありそう。

 出すのに3枚消費するが、自分相手ターンにそれぞれ効果を使えるので相手ターンまで残るだけで2枚分回収することができる。

フリーチェーンなのでバトルフェイズに発動すればヴェーラーを回避することもできるが、3体素材のわりには控え目。

 

武神決戦  1.4

通常魔法
フィールド上の「武神」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。このターン選択したモンスターが、そのモンスターの元々の攻撃力以上の攻撃力を 持つモンスターを戦闘によって破壊した場合、破壊したそのモンスターを除外し、さらにその同名モンスターを相手の手札・デッキ・エクストラデッキ・墓地から全て除外する。

派手な効果だが1枚で機能せず武神+ハバキリ、オネストとあわせて3枚が揃わないと使えない。武神の元々の攻撃力以上の相手モンスターにしか使えず範囲が狭い。

武神決戦1枚で優位に立てるようなこれに脆いデッキが流行っていればピンポイントで投入されることもあるかもしれない

 

武神隠  5.6

通常罠
自分フィールド上の「武神」と名のついたエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを除外し、フィールド上のモンスターを全て手札に戻す。発動後2回目の自分のエンドフェイズ時まで、お互いに召喚・反転召喚・特殊召喚できず、お互いが受ける全てのダメージは0になる。また、発動後 2回目の自分のエンドフェイズ時に発動する。このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚し、自分の墓地の「武神」と名のついたモンスター1体を選択 して、その特殊召喚したモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする。

武神エクシーズがあるという条件があるが、 2ターンの間完全にお互いの動きを止めることができる。相手の除去や攻撃を避けつつ失ったゲームのテンポを握りなおすきっかけを作ることができる。