読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRIMAL ORIGIN 点数表 0213Ver

新カード考察 パック点数表

前回は発売から数週後に点数表完成でぐぐ・・・というかんじだったので、個別の評価は置いといておおざっぱにまとめてみます

汎用性の高そうなカードほど点が高くつけちゃってます。

けっこうあてにならないですが森羅ゴーストリックは特にあてにしないでください><

 

2以下:弱め

3~4:フィーリング

5~6.5:そこそこ

6.5~8:そこそこ強め

8~9:かなり強め

9~10:未開の地

点数の基準は前とちょっと変わってこんなかんじで


 

 PRIO-JP001 《ZS-幻影賢者》

1.4:  ホープつまりレベル4×2を出してさらにこのカードを召喚しないといけなくてドロー効果は微妙そう。除外時の効果はゼンマイラビットやサンダーバードなど自分で除外系と合わせられておもしろそうだけど、召喚権を使うカードなわりにショボめな印象。

 PRIO-JP002 《銀河魔鏡士》

3.8: ギャラクシー版の素早いビッグハムスターの劣化。

 PRIO-JP003 《銀河暴竜》 Rare

4.7: 手札から出して相手攻撃宣言時にランク8エクシーズするおもしろい効果

PRIO-JP004 《防覇龍ヘリオスフィア》

2.3: 攻撃抑制+レベル8になる下級。デッキから持ってくる手段なしで微妙そう

PRIO-JP005 《マーメイド・シャーク》 Rare

4.1: 召喚時レベル3~5の魚族をサーチ!フィッシュボーグや水精鱗、ダブルフィン・シャークを連れて来れる。が、パッと見召喚権を使ってまでサーチしたいカードはなさそう

PRIO-JP006 《ゲイザー・シャーク》

2.1: 墓地除外でドラゴンアイスなどの水属性レベル5を2体蘇生できるが、複数積むと腐りそうなモンスターしか蘇生対象がいなくて弱そう

PRIO-JP007 《ブリザード・サンダーバード》

2.2: 対象になる水属性鳥獣族が少なすぎて微妙そう(攻守未判明)

PRIO-JP008 《BK ビッグバンテージ》

4.1: 戦闘破壊耐性で耐えながら手札で浮いているレベル3BKとランク4にエクシーズできる。増援候補としてそこそこありかもしれない

PRIO-JP009 《BK ベイル》

6.6: ライフを回復しながら出せる特殊召喚できるトラゴエディアのようなレベル4BK。守備力も1800あって、デブリ対応でそこそこ

PRIO-JP010 《アンブラル・ゴースト》

1.2: 手札からIFデーモンを特殊召喚できるカードだが・・・

PRIO-JP011 《アーティファクト-モラルタ》 Rare

8.8: 相手の表側を破壊するアーティファクト。間違いなく強い。

PRIO-JP012 《アーティファクト-ベガルタ》

7.4: 神智から呼んで自分の伏せを破壊できる他、ムーブメントと合わせてデッキから好きなアーティファクトを呼ぶことができる。優秀そうな始動カード。

PRIO-JP013 《アーティファクト-フェイルノート》

6.6: 墓地のアーティファクトをセット。序盤では効果を発揮しづらいが単体でアドバンテージを稼げるタイプのアーティファクト

PRIO-JP014 《アーティファクト-アイギス》

6.0: ムーブメントや神智から呼んで効果による除去からAF(アーティファクト)を守れる。

PRIO-JP015 《アーティファクト-アキレウス》

7.3: 地縛神と同じ書き方なのでたぶん相手の攻撃が直接攻撃になるようなことはない・・。最後に判明したカードだが、このカードなしのアーティファクトは嵐で伏せを剥がされた後、ムーブメントが巻き込まれていない場合出てきたモンスターが戦闘破壊されてアドバンテージを失うのがかなりつらいデッキだったためその弱点を消せるのはかなり大きい。出張要因としてもモラルタの次に優秀なカードに感じられる。

PRIO-JP016 《アーティファクト-ラブリュス》

6.4: 強いのかよくわからないです

PRIO-JP017 《アーティファクト-カドケウス》 Super

7.3: ドロー効果のあるアーティファクト

PRIO-JP018 《森羅の神芽 スプラウト》

4.7: めくられるとデッキからレベル1植物を特殊召喚できる。

PRIO-JP019 《森羅の隠蜜 スナッフ》

5.1: シンクロ素材になったり戦闘破壊されたりといった緩い条件でめくる効果を使える。めくられたときの効果もぼちぼち

PRIO-JP020 《森羅の渡し守 ロータス》

3.2: リリースが必要なわりにめくるだけでパワーはない。めくられたときの効果は弱め。レベル5であることが良くはたらくこともありそう。

PRIO-JP021 《森羅の賢樹 シャーマン》 Rare

7.6: タイミングを逃すことがありそうな気もするが良い条件でSSできる上級森羅。めくられたときの効果も森羅の施しなどを墓地から回収できてGood!

PRIO-JP022 《ゴーストリックの人形》

7.2: 相手の攻撃待ちになってしまうがオピオンなどのシステムモンスター突破にも使える。

PRIO-JP023 《ゴーストリック・ワーウルフ》

1.3: パッと見かなり弱め

PRIO-JP024 《武神-ヒルメ》 Super

7.7: 天キ、ヤマトで呼べる緩い条件でSSできる武神。

PRIO-JP025 《ティオの蟲惑魔》 Rare

6.4: 蟲惑魔を釣れる。自身も釣り上げることができSSされると墓地の落とし穴を回収する効果もある。

PRIO-JP026 《幻獣機オライオン》 Rare

7.8: トークンを作りつつ幻獣機の召喚権を追加。簡易オライオンの2枚でトマホーク+フェルグラント+ブレイド+参謀+3ドロー(カラクリ樽とか入れないといけないけど・・)というような展開パターンがいろいろある。

PRIO-JP027 《陽炎獣 ヒュドラー》

5.1: ペリュトンから素材の多いバジリコックやソルデを作れる。爆発対応

PRIO-JP028 《マドルチェ・エンジェリー》

8.5: マドルチェの安定性を飛躍的に向上させ(それでもちょっといまひとつな気がするが・・)展開パターンも強くする。エンジェリーから戦闘破壊耐性のあるエンジェリーを出す動きが強い

PRIO-JP029 《ガスタの神裔 ピリカ》

8.2: 緊急テレポート対応で風チューナーを釣り上げることができるレベル3。

PRIO-JP030 《剣闘獣アウグストル》 Rare

5.2: 2600の剣闘獣。2枚入れているとアウグストルから手札に来たアウウストルを出してフェルグラントというような動きもできるが・・・(事故要因に見える)

PRIO-JP031 《暗黒界の鬼神 ケルト》

5.3: 守備力0でいろいろなサポートを受けることができる。相手の手札抹殺やセルリを考えなければゴルドやシルバの上位互換

PRIO-JP032 《古代の機械箱》

5.1: クロスや死者転生などで手札に加えるともう1枚手札が増えるカード

PRIO-JP033 《曙光の騎士》 Rare

5.7: タイミングを逃さないのでシンクロ素材にしても効果を使える。曙光の騎士で曙光の騎士を落としも曙光の騎士はターンに一度なのでデッキトップに乗せる効果は使えないが、ライトロードでなら後半の効果も裁きをトップに置いたり、ウォルフをトップに置いたりといろいろ使えそう。強制発動なので墓地が貧相なときに落ちると悲惨なパターンも・・。

PRIO-JP034 《威光魔人》 Rare

8.4: 生贄が1体でOKなエンジェルO7。征竜など出せるデッキでは軽めなレベル6のわりにはかなりの制圧力でパワーがある

PRIO-JP035 《爆炎帝テスタロス》 Rare

5.2: 進化したテスタロスは相手の手札を見て捨てさせることができる。おまけのバーンも馬鹿にできない

PRIO-JP036 《鰤っ子姫》

7.0: スクラップシャークや水精鱗の下級、リチュア・アビスなど特殊召喚先にはそこそこ優秀なテーマのカードがある。ギョッ()のような除外ゾーンを活用するカードとも相性が良い。

PRIO-JP037 《否定ペンギン》

7.8: 公式でも紹介されているとおりペンギン・ナイトメアとの組み合わせが強い。除外しつつランク4を作れる。自己蘇生してもボルトヘッジホッグなどのように除外されず何度も使いまわせるのでこれが墓地にいるだけでペンギン・ナイトメアやペンギン・ナイトがかなりのパワーカードになる。このカードをうまく落とす手段がそんなに多くなさそうで(サモプリ・タイダル・チェインなど?)これが落ちてると相手が無理にでも伏モンスターを反転させずに割ろうとしてくるのでそこをなんとかできれば良いデッキになりそう。

PRIO-JP038 《失楽の聖女》

2.1: シャインエンジェルでリクルートできる。特にこのカードを使って相手ターンに速攻魔法を手札から使えて強い状況が思い浮かばない・・。他にない貴重な効果

PRIO-JP039 《スターダストン》

5.1: コラが話題になっていたカード。激流葬に引っかからずに出せるカードで罠を完全に封じることができる。魔法カードでこれを突破するカードもよく見かけるのはブラックホール、月の書でたまに強制転移くらいしか最近は見かけない?ので相手のモンスターゾーンを邪魔なカードで埋めて出せばけっこう強力なロックができそう。

PRIO-JP040 《No.62 銀河眼の光子竜皇》 Ultra,Ultimate,Holographic,Secret

6.2: 5600まで攻撃力が上がるランク8。ダメージは他のランク8と変わらないが返しのターンも打点が高い。今回大幅に強化されている?ギャラクシーデッキだとさらに強い

PRIO-JP041 《CNo.107 超銀河眼の時空龍》 Ultra,Ultimate,Secret

7.2: 七皇の剣で出せる最高打点。破壊耐性はないが突破力とKill力がある。

PRIO-JP042 《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》 Rare

8.6: ランク4の新たな必須カード。炎星、ドラグニティ、インゼクター、マドルチェ、先史遺産などの攻撃力UPが動きの中に自然に入ってくるデッキに刺さる他、いろいろなデッキに自然に入る禁じられた系がフリーチェーンの破壊&ドローになりランク4の簡単に立つデッキの強者の苦痛が除去&ドローカードになる。攻撃表示のモンスターにしか使えないので注意

PRIO-JP043 《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》 Super

3.7: たぶん攻撃力の変化していないモンスターは除去できない。となるとランクアップしなくてもラグナ・ゼロで足りてしまうことが多く必要になることが少なそう。

PRIO-JP044 《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》 Ultra,Ultimate

4.7: リミテッドで出すと耐性&ダメージ効果持ち2900。

PRIO-JP045 《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》 Rare

7.9: 打点がないが、ランク4で相手の墓地のカード2枚まで除外できる。除外した後は1200UPの装備カードとしてエクシーズに装備することもできる。準制限になった征竜なら墓地の征竜を除外して色が切れる場面はけっこうありそうだったり。ファランクスやホーネットのようなキーカードを除外して相手が強い返しをしづらくすることも。(ファランクス、ホーネットは同じランク4でラグナ・ゼロが出せて除外したい場面がそんなに来ないかも?)

PRIO-JP046 《CNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサーク》 Super

1.3: RUMで出してこの程度だと微妙。リミテッドならダークナイトという強力なライバルも。

PRIO-JP047 《No.43 魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッター》

1.3: ガッツリ回復するカード+レベル2×3から1Killできそうな気がする。思いつかない。

PRIO-JP048 《CNo.43 魂魄傀儡鬼神カオス・マリオネッター》 Rare

2.6:  1体で相手のライフを削りきれるが、2×3+RUMが必要。レベル2×3が簡単な条件になったとき見直したいカード。

PRIO-JP049 《アーティファクト-デュランダル》 Ultra,Ultimate,Secret

8.0: ADSだと伏せなしでも効果を使えたが恐らくできない・・。速攻魔法やフィールド以外で発動する効果なら無効にされずに対処できる。神殿を守る者と組み合わせてハンデスできると聞いたのでどうなるのか気になる

PRIO-JP050 《森羅の鎮神 オレイア》

6.6: 7×2でトップ操作をできる2800。噂によるといろいろ展開できるらしい・・

PRIO-JP051 《ゴーストリック・サキュバス》

6.0: 単体で見た場合1400以下のモンスターを破壊できるランク2。ディーヴァなら重装カッパーで良いので主にそれ以外のデッキで検討。地味に魔法使い族でヒュグロサポートを受けられるが、出し方がバテルバテルなので機会は少なそう。

PRIO-JP052 《武神姫-アマテラス》 Ultra,Ultimate

5.4: 除外からレベル4以下のモンスターを手札に回収しつつSSする4×3

PRIO-JP053 《幻子力空母エンタープラズニル》 Rare

7.8: 今までダイソンスフィアしかなかったランク9界に現れたアドバンテージの除去ハンデスできるランク9。ちょうどこのパックを5パック買うと付いてくるキャンペーンパックに入っている浮鵺城と相性が良いです。思いつくパターンだとスクラップゴーレム+ビーストが簡単な気がします。

PRIO-JP054 《暗遷士 カンゴルゴーム》 Super

8.2: 相手の対象に取る効果をターン1で移し変えることができるランク4。脱出を移し変えたり、サイクロンを相手や伏せモラルタに向けたり、閃光スタダやフェルグラントの耐性を奪って除去を通したりいろいろ

PRIO-JP055 《波動竜フォノン・ドラゴン》 Super

6.1: レベル1~4まで選べるレベル4のシンクロチューナー。これの後にこのカードを使ったシンクロ以外の特殊召喚ができない縛りがあるが、このカードを出す前にライブラリアンなどを出すことはたぶん可能。これを出すために低レベルのチューナーが必要なのでレベル調整は難しくなくてシンクロチューナーでしか出せないクェーサーを出すとき以外はそんなにレベル調整の効果は強くなさそう。クェーサーを出すルートがかなり増える?のでいろいろ考えたいカード

PRIO-JP056 《リバース・ブレイカー》

1.7: ホープに装備して攻撃するとき魔法罠破壊。装備魔法をサーチするカードでサーチできる魔法罠破壊だが・・・微妙。

PRIO-JP057 《銀河の施し》

2.4: 手札入れ替えだが、条件が厳しくて腐りがちなカードに見える。

PRIO-JP058 《RUM-七皇の剣》 Ultra,Ultimate,Secret

8.2: ドローフェイズに引くと1枚で強力なCNo.を出せる。

PRIO-JP059 《ドン・サウザンドの玉座》 Rare

1.1: 産業廃棄物。自分のNo.が攻撃されづらくなる他、戦闘ダメージを減らす効果。

PRIO-JP060 《アーティファクト・ムーブメント》

8.2: アーティファクト専用のサイクロン。嵐で破壊されるとバトルフェイズをスキップできるのはけっこう重要で、このカードがあると嵐にかなり強めな伏せ方ができる。

PRIO-JP061 《アーティファクトの解放》

4.7: 自分のバトルフェイズに使って追撃したり、相手のターンに使ってプレアデスで妨害をしたり。嵐されてもドローできて損失を抑えられる罠としてもライフをとりにいくカードとしても使えて使い方は幅広い。モンスターが立つ前提で弱そう。

PRIO-JP062 《森羅の施し》

9.0: めくられて効果を発揮する森羅をデッキトップにセットしつつデッキを掘り進め手札の質を良くする。めくるカードがないときに引くとトップが固定されてそこまで強くなさそうではある

PRIO-JP063 《ゴーストリック・パレード》

6.7: 裏守備モンスターへの攻撃を直接攻撃にし直接攻撃されるときゴーストリックをサーチできるフィールド。貼っている間相手へのダメージが0になるのはけっこう重たいデメリットだが、フィールド魔法なので張り替えで簡単に解除できて貼っている間に相手の攻撃を罠で弾くランタンで止める(怪しい)などして死なないようにライフを守りながら攻撃されない反転召喚されるとアドバンテージを取れる系のカードで枚数の差をつけていくことができる。かもしれない。正直想像つかない

PRIO-JP064 《武神決戦》

1.4: ヤマトハバキリと組み合わせて相手の高攻撃力を根絶やしに!・・できないと思う

PRIO-JP065 《コアキメイルの金剛核》

8.4: 万能サーチ+破壊耐性

PRIO-JP066 《スクラップ・ファクトリー》

6.9: デッキからスクラップを特殊召喚するフィールド。ゴーレムが使いやすくなるので今までとは違ったタイプのスクラップが作れそう。

PRIO-JP067 《禁じられた聖典》 Super

3.1: 武神などのダメステに攻守を増減させるカードを多用するデッキに効くかもしれない。基本微妙なカードに見える。

PRIO-JP068 《ジャックポット7》

1.8: 新たな特殊勝利カード。転移などで送った黒蠍盗賊団にリクルーターやスケゴトークンで自爆してデッキから落としてもらう方法がわりと成功できそうな気がする。発動するとデッキに戻る効果のおかげで手札に来ていてしまってもコンボが成り立つのが美しい。

PRIO-JP069 《双龍降臨》

5.0: 普通に使うとあらゆる攻撃反応の劣化になってしまう。が、オピオン+汎発感染のような魔法罠の除去が効かない相手に打ち込める

PRIO-JP070 《時空混沌渦》

4.1: 威力が高い罠。トリオンでサーチできるらしい

PRIO-JP071 《ラスト・カウンター》

1.1: 微妙な攻撃力をUPさせるBKのカウンター罠

PRIO-JP072 《アーティファクトの神智》

9.1: モラルタを呼んで聖槍をすり抜けてモンスター破壊、アレキウスを呼んでマシュマロンごっこなどなどフリーチェーンでいろいろできる。

PRIO-JP073 《森羅の滝滑り》

4.1: めくるだけのカードで微妙な気がする。罠を入れすぎるとめくるカードで当たりをめくる率が下がるのも気にかかる。

PRIO-JP074 《ゴーストリック・ナイト》

2.3: 反転召喚できなくなるので相手を裏側にするカードと組み合わせればロックをかけることができる。が、コンボ前提で上手く相手モンスターを裏にしていく手段もそんなになさそうで微妙に見える。(てきとう)

PRIO-JP075 《武神隠》

4.7: エスケープしながら2ターン遅延する。よくわからない

PRIO-JP076 《帝王の溶撃》

3.1: 自壊するタイミングがスタンバイフェイズではなく自分のエンドフェイズなので、アドバンス召喚を連打するデッキなら維持するのはそんなに難しくなさそう。エクストラデッキ0の制約のわりに今ひとつだがこのシリーズは続きが期待できるのでまた機会が来たら思い出したいカードの1枚。

PRIO-JP077 《進化の特異点》

8.1: 素材にレベル制限がなく、出す側にもランク制限がない。罠カードで相手スタンバイにドルカ、ソルデ、ラギアのような制圧力のそこそこ高いエクシーズを出せるのは強め。墓地を除外するわけではないので何枚か引いても使いきれる(墓地のエヴォルがなくなって使えない状態にならない)ところが強い。

PRIO-JP078 《エクシーズ・ユニバース》 Rare

5.1: エクシーズ版超融合!(チェーンされるけど)。高ランクのデッキには無理だがエクシーズが複数並ぶデッキにサイドから入れて刺さりそう。

PRIO-JP079 《召喚制限-ディスコードセクター》

7.8: 同じレベルのモンスターを特殊召喚できなくする永続罠。征竜のようにシンクロできるデッキやヴェルズのような召喚権を増やすデッキにはいまいちだが、先史遺産、マドルチェといったエクシーズ主体のデッキの行動を縛れる。群雄割拠や御前試合で縛れない先史遺産のようなデッキを縛れるのは大きめに思える。

PRIO-JP080 《三位一択》

7.9: ギフトカードの上位互換。エクストラデッキの枚数の比率を調整することで自由に自分のライフ3000回復と相手のライフ3000回復の効果を使いわけることができる。活路への希望の補助やETでの回復などいろいろ。

PRIO-JP081 《ガガガシスター》 Rare

7.6: 使えそうなサーチ先は、ガガガ学園の緊急連絡網、ガガガリベンジ、ガガガドロー、ガガガボルト、リクルーター特攻と組み合わせたガガガバックなどけっこう充実している。緊急連絡網+シスターやシスターからのガガガリベンジで実質消費はシスターのみで高ランクのエクシーズを出せるのが強めかもしれない。ガガガボルトをサーチすればこのカードの召喚=フィールドのカード1枚破壊できるのもそこそこ?

PRIO-JP082 《No.55 ゴゴゴゴライアス》 Rare

8.0: ゴゴゴはもちろんパキケファロ、干ばつの結界像、ギガンテス、ホプロムス、岩石コアキメイル、アステカ・マスク・ゴーレム、ジェムナイトなどけっこう良いかんじのカードを回収できる。素材縛りなしのランク4でパキケファロ、ギガンテスなどを回収できるということでけっこういろいろなデッキに採用が考えられる

PRIO-JP083 《ドドドドロー》

5.1: ドドドが微妙なテーマでアニメが終わりこれ以上の強化も望みづらいのがかなり微妙。

PRIO-JP084 《銀河眼の雲篭》

7.2: 銀河眼の光子龍か銀河眼エクシーズを釣ることができる。レベル1なので金華猫と組み合わせれば毎ターンギャラクシーを出せるが・・・。同じ弾で曙光の騎士が出て銀河眼を墓地に送る方法も増えていたり可能性の塊。

PRIO-JP085 《銀河戦士》 Super

7.8: すぐ真上に書いてある銀河眼の雲篭や銀河戦士自身、銀河騎士などサーチ先はそこそこ。手札に来た銀河眼を効率よく墓地に置く手段でもありかなり良い動きができそう。レベル5なので出張アーティファクトと合わせてプレアデスを狙うことも・・。出張アーティファクトが手札に来たときの処理手段にもなる。

PRIO-JP086 《破滅のフォトン・ストリーム》

4.8: 銀河眼がいればフリーチェーンの除外でかなり強いが(ゲーテの魔導書ほどではないけど)発動条件が重たい。

PRIO-JP087 《タキオン・トランスミグレイション》

6.6: ギャラクシーアイズがいるとチェーン上の全てを無効にする派手な万能カウンター罠。条件は重いがそれだけの価値はあるように思える。

PRIO-JP088 《BK シャドー》

5.1: リードブローの攻撃力を自分から上げつつ展開することができる。リードブローの素材にグラスジョーを使っていればさらにそのグラスジョーの回収効果を発動!というようなこともできる。増援で呼びたい1枚かもしれない。

PRIO-JP089 《No.79 BK 新星のカイザー》 Super

5.4: リードブローと違い素材に指定がないので、カゲトカゲやサモンプリーストからも出すことができる。墓地にBKのいる状態で出せればパールと同じ2600打点の破壊リカバリー持ちでそこそこ。スーパーの器ではなさげ。

PRIO-JP090 《ジョルト・カウンター》

3.2: BKがいる バトルフェイズ限定で何でも無効。