読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先史遺産アーティファクト

デッキレシピ アーティファクト

自動車学校に通い始めたのと再試で遊ぶ気分にならないのとでごぶさたでした(^。^)

 

最近流行っているアーティファクトを混ぜた先史遺産や逆に先史遺産を混ぜたアーティファクト。僕は似ているようで全く別物なデッキだと思うので、それぞれの長所短所を僕が入賞デッキをいろいろながめながら5分でてきとうに作ったかんじのレシピを見ながら考えていきます

神智先史遺産

f:id:okami-no12:20140301130604p:plain

先史遺産に相性の良い神智とモラルタを出張させた形です。

動きは普通の先史遺産と変わらず、神智という強力な罠カードが3枚追加される代わりに引くとブラフにしかなれないことの多いモラルタが入ってしまいます。

パターン

モラルタを2枚にしたり、サイクロンをムーブメントに変えたりするパターンもあると思いますが、モラルタ3枚に対して神智3ムーブメント3だとデッキの中にアーティファクトがなくて中盤~終盤神智ムーブメントが使えず負ける負けパターンが増えてしまうので僕は微妙に感じます。

どれくらいまで神智ムーブメントを入れるか、モラルタを減らすかはけっこう人それぞれでデッキのバランスにもよると思います。

邪魔なモラルタ

ちなみに先史遺産にモラルタ3枚と神智だけ入れるとモラルタが手札で腐るリスクと神智の強さが釣り合ってなくて僕は微妙だと思います。

 

ムーブメント先史遺産

f:id:okami-no12:20140301130618p:plain

手札に来たモラルタを割れるカードとしてサイクロンに加えてムーブメント3を追加し、モラルタに加えてベガルタを入れることでアーティファクトがデッキになくてムーブメントや神智が打てない状態を減らす構築です。

ムーブメントが加わって

手札に来たモラルタを処理できるというかむしろ強い罠にできるサイクロンムーブメントが6枚入るのでモラルタが腐るパターンを少し減らせます。

ただアーティファクトの枚数を増量させると当然アーティファクトを引く確立ダブる確立が増すのでアーティファクトが腐って微妙な手札が減っているかというとそうでもない気もします。

4枚目以降のアーティファクト

モラルタに追加で出張させるアーティファクトは、ベガルタがムーブメントと合わせてモラルタを出せたり、神智から出して素引きしたモラルタを割ってレベル5を2体並べながら相手モンスターを破壊できたりするので使いやすいと思います。

カドケウスはけっこうアーティファクト寄りにしないと効果を使えなくて微妙な気がしていますが、よくわからないです。ベガルタだと割りたくない自分の伏せを割ってしまって危険だから?とかですかね・・。

 

ネブラアーティファクト

f:id:okami-no12:20140301130632p:plain

アーティファクトに相性の良いネブラディスクとゴールデンシャトルを入れたタイプです。クリスタル・スカルまで入ることもあると思います。クリスタル・スカルやボーンが入ることもあると思います。僕の感性だと上との境目はカドケウスに加えてフェイルノートまでアーティファクトが入っているかどうかくらいのラインな気がします。動き方は先史遺産と見分けづらいところ以外は普通のアーティファクトとそんなに変わりないと思います。

小型アタッカーの強み

アドバンテージを稼げるアーティファクト

1.相手がカードを置かないといけないモラルタ

2.使おうとすると動きが大振りになるカドケウス

3.序盤では効果を使いづらいフェイルノー

しかいません。ということで相手の細かい動きに貴重なアドバンテージを得る手段であるモラルタを打ち込んでいるとジリ貧になってしまいます。ネブラディスクのような小型アタッカーがいるとわざわざ攻撃力1800にも満たない小型モンスターにモラルタを打たなくて済むので戦いやすくなります。

ゴールデン・シャトル

また神智モラルタだけだとランク5につながらないのでモラルタでせっかくアドバンテージを取れてもその後に今の時代だと(笑)な2100ビートしかできません。ゴールデン・シャトルのような簡単に出せるレベル5がいると解決できます。アステル・ドローンや簡易融合、チューナーなど

 

ただのアーティファクト

f:id:okami-no12:20140301130643p:plain

http://takanomedan.blog103.fc2.com/blog-entry-346.html

これの参考にしたのが↑のリストで・・(改悪して載せる意味あるのかな~?)

ヴェルズ・サンダーバードはサイドデッキに入れるカードとして試したことがあって、なかなか感触の良いカードだったので見たらピンと来ました。

”小型アタッカーの強み”で書いたようなかんじで罠にかかりづらい小型モンスターはアーティファクトとなかなか相性がよくて、サンダーバードだと一回除外ゾーンへ逃げる効果を使えば、D.D.チェッカーやパキケはもちろんネブラでは倒せないコアキメイル・ドラゴまで倒せる打点ラインになります。

コアキメイル・ドラゴを倒せるサンダバードがコアキメイル・ドラゴを出してくる征竜に強いかというとそうでもない気も・・。よく知りません

 

まとめ

というようなかんじで一般的に?先史遺産メインのタイプは先史遺産アーティファクトアーティファクトメインのタイプはアーティファクト先史遺産と呼ばれている?らしいです。そして、先史遺産にちょっとアーティファクトを混ぜただけでムーブメントまで入っていないものにはD.D.クロウだと微妙だったり、アーティファクトにちょっと混ぜただけのものにはクリスタル・ボーンが入っていないこともあって自分の場を空けることでボーンを出させないプレイが効果が薄かったりけっこう違いがあると思います。

いろいろ試すとおもしろそうですね(暇なら)