読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DUEAカード評価Part10:電池メン、ウラヌス

新カード考察

竜星の輝跡 6.8

通常魔法
「竜星の輝跡」は1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の墓地の「竜星」モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスター3体をデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキからカードを2枚ドローする。

①:現在公開されている竜星の下級は全員が破壊されると守備表示でデッキから竜星を呼ぶ能力を持つ。性質上墓地にモンスターがたまりやすくまた、デッキに残っている竜星モンスターの数は重要な意味を持つ。デッキに竜星をチャージしつつ2枚のドローで単純にアドバンテージを得るこのカードの中盤~終盤でのパワーはかなり高い。

貪欲な壷よりは軽いが墓地にモンスターのいない序盤浮くカードなので簡単には積みづらそうに感じる。

 

電池メン-角型 8.7

星4 光 雷族 1000/1000
電池メン-角型の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「電池メン」モンスター1体を手札に加え、このカードの攻撃力・守備力は元々の倍になる。②:自分のエンドフェイズに発動する。このカードを破壊する。

①:特殊召喚に対応し2体目の角型をサーチすることもできる電池メンのエアーマン。充電器やリビングデッドで蘇生→レベル4電池メンをサーチという流れで蘇生カード1枚からランク4になる。さらに主なサーチ先の電池メン-単4型は墓地の単4型を釣り上げる効果があるので2回目の蘇生からはレベル4×3が並ぶ。

自爆はするが召喚した時点でアドバンテージの取れる2000打点はそこそこ優秀。

②:自壊することにより出すだけではアドバンテージを得られず戦闘破壊やエクシーズ素材にしたい。

チェーン2のリビングデッドなどによる特殊召喚ではタイミングを逃すことに注意したい。

充電池と合わせるのが強力で、サンダーシーホースやマスマティシャンンなどこれを持って来る手段も揃っているので軸にして強いデッキが組めそうに思える。

興味がある

 

死の代行者 ウラヌス 4.4

星5 闇 ??族/チューナー 2200/1200
①:フィールドに「天空の聖域」が存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動できる。デッキから「代行者」モンスター1体を墓地へ送る。このカードのレベルは、この効果で墓地へ送ったモンスターのレベルと同じになる。

闇属性の代行者で上級チューナー

①:天空の聖域はかなり弱いフィールドだがフィールドの張り替えがなくなったので以前よりは使いやすい。

②:代行者を墓地に置ける・・があまり旨みがない。レベルをそこそこ自由に調整できる。

聖域を使わない場合アースでサーチできる闇属性程度で微妙。

 

儀式魔人デモリッシャー 4.7

星3 闇 悪魔族 1500/600
①:儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地のこのカードを除外できる。②:このカードを使用して儀式召喚したモンスターは相手の効果の対象にならない。

②:カード効果に耐性がつきリリーサーなどの他の儀式魔人より場持ちが良くなる。

現状の儀式モンスターだとどれと組み合わせても使いづらそう。クリバンディッドと相性が良いように感じる。

 

 

EMソード・フィッシュ 1.3

星2 水 魚族 600/600
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。②:このカードがモン スターゾーンに存在し、自分がモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。

EMサポートが充実すればワンチャンスあるのかもしれない。

 

幻奏の音女ソナタ 1.2

星3 光 天使族 1200/1000
①:自分フィールドに「幻奏」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

特に書くことが思いつかない。

 

バーバリアン・レイジ 4.3

永続罠
①:自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターの攻撃力は1000アップし、そのモンスターが戦闘で破壊したモンスターは墓地へ送らず持ち主の手札に戻す。対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

破壊したモンスターが手札に戻ってしまうのでアドバンテージを取れない。コートオブアームズなどの戦闘破壊で墓地にいくとまずいモンスターや蘇生で使いまわしてアドバンテージを取れるモンスターを墓地に送らずに済むので相手を選んで使えばそこそこ使えるかもしれない。

種族を指定するわりにはパワーが低い。