読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験パターン2

アイカツ! 新カード考察

昨日ので思ったところは

・導入を考えるのはめんどう(しかもそのわりに寒い)

・会話形式だとおしゃべり言葉を使えるし一文が長くなりすぎても気になりづらいしやっぱり気楽に書ける

・キャラクターという鎧に身を隠すことで普段言えないことを言える。

そんなかんじで今日は違うパターンで書いてみました。

 

ブレイズ・キャノン・マガジン
永続罠
「ブレイズ・キャノン・マガジン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、魔法&罠ゾーンに存在する限り「ブレイズ・キャノン-トライデント」として扱う。
②:自分および相手メインフェイズにこの効果を発動できる。手札の「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。
③:自分および相手メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る。

 

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:ブレイズ・キャノン・マガジンか~・・とりあえずヴォルカニック・バレットみたいな墓地に置くと効果を発揮するカードをコストにすればアドバンテージになるし、しかも相手ターンと自分ターンに1回ずつ使えるからうまくいけば毎ターン2枚ペースでアドバンテージを稼げる!

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:うん!あとヴォルカニック・ロケットでサーチできるのもデッキの軸にできそうで良さげだよね。

f:id:okami-no12:20141005213831p:plain

あおい:そうそう!

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:でもヴォルカニックってバレットとロケットくらいしか強いイメージがなくてこれが使えるのかっていうのはよくわかんないんだよねー・・。

 

ロケットからのサーチ先として

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:うん・・まあとりあえず昔たまに見た爆風ロケットみたいなデッキで使うヴォルカニック・ロケットのサーチ先として見てみると・・

あおい:ブレイズ・キャノンと違って手札コストとして使った後バレットを墓地に送れたり、バレットをコストにドローできたりして良いかも!

あおい:まぁサモンプリーストのコストにできなくて困ったり、バレットを捨ててドローするよりブレイズ・キャノンで破壊する方が有効だったりすることもあるかもしれないけどね・・。

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:なるほどね〜。

いちご:そういえばシャドールにバレットを入れてれば何回もエグリスタの融合素材にできて良いかな〜と思ったことがあったんだけど、それにロケットとマガジンも混ぜてみたらおもしろそうかな〜なんて・・

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:うん。それもありかも!

 

どんなヴォルカニックがいるか?

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:あっ、それでバレットとロケット以外のヴォルカニックで強そうなのを探してみたんだけど・・

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:うんうん

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:見たかんじ強いのは他の炎属性が墓地にいるときに墓地から除外してディメンションウォールみたいな効果を(細かく言うと全然違うけど)発揮できるヴォルカニック・カウンター

《ヴォルカニック・カウンター》

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:バレットを墓地に置けてる状況で墓地に送っておいしいカード!しかもバレットと違って2体目以降が墓地に落ちるのにも意味があるからこれを入れておけば

f:id:okami-no12:20141005213831p:plain

あおい:マガジンのデッキからヴォルカニックを落とす効果がいつでも有効にはたらく!

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:うんうん。そこは良いと思うんだよね。

いちご:それに自分から攻撃力の低いカードを自爆させても使えたり、2枚3枚といっきに除外して受けたダメージの2倍3倍のダメージを与えられたりそこそこ強そうだよね

f:id:okami-no12:20141005213831p:plain

あおい:だよね!

あおい:あともう一枚強そうなのがヴォルカニック・バックショット!

《ヴォルカニック・バックショット》

あおい:これはかなりマイナーなカードだと思うんだけど・・墓地に送られると500ポイントダメージを与えて、さらにブレイズ・キャノンの効果で墓地に送られていれば手札デッキからバックショットをもう2枚墓地に送って相手の場のモンスターを全部破壊できる!

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:相手のターンにヴォルカニックを墓地に送れるブレイズ・キャノン・マガジンと組み合わせれば相手の動きに合わせて全体除去+1500ダメージを狙えるってことね。

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:そうそう!ただマガジンかロケットあとロケットを特殊召喚できるサモン・プリーストあたりを引いてないと邪魔なカード

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:しかも3積み!

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:ってことになってしまう。それにブレイズ・キャノン以外のコストに使うとブレイズ・キャノンで捨てたときの効果も、コストにしてしまったバックショットを何かしらの方法でデッキに戻してからでないと使えなくなる。

あおい:間違いなく強力な効果なんだけどそこは難しいところ。

 

出張セットとして

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:なるほどね。いろいろ聞いて考えてみて

いちご:ロケット3、マガジン2、バレット3くらいの枚数でバレットを上手くアドバンテージに変換できるデッキに入れてくのが基本かな~と思ったんだけど

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:そのこころは?

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:やっぱりバックショットとかカウンターとかはヴォルカニック要素が上手く回っていないと機能しないカードだから活躍させるにはそれぞれそれを活かすために特化させたデッキにしないと難しそうで~

いちご:それとマガジンは2枚以上引いてダブると基本腐っちゃう何枚も引きたくないカード。

いちご:でも1枚しか入ってないと墓地から除外する効果を使ったときロケットのサーチ先がなくなるのは困る場面が出てきそう。

いちご:こんなところかな!

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:たしかにね~

 

チェインマガジン

f:id:okami-no12:20141005213831p:plain

あおい:・・と思ったけど待って!もしかしてチェインでマガジンを落としてバックショットを発射!みたいなコンボもあるんじゃない?

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:・・・思いつかなかった!あおいの言ったコンボに特化したデッキもおもしろいかもね。炎帝近衛兵とかエメラルで何回も狙ったりとか

f:id:okami-no12:20141005213416p:plain

あおい:うんうん!

f:id:okami-no12:20141005215207p:plain

いちご:まとめると・・バックショットを落とすコンボはデッキの軸にできそうだし、ロケットのサーチ先としてもブレイズ・キャノンより良さそうだし・・。そこそこのカードっていうことで点数をつけるなら6.6点くらい!こんなかんじかな?

 

というかんじでした。

気づいたのは

・画像を貼るのはわりと簡単だけど時間をかけてる感が出ちゃって恥ずかしい(?)

・画像を貼るのは簡単でも探すのはめんどう

・カードのことを考えたいときにキャラらしい言葉ユーモアのある言葉を考えるのは苦しめ

というところです。

あと僕のそんなでもない知識や僕が勝手に思ってることを好きなキャラクターに喋らせるのは、キャラクターがかわいそうに感じられました。書きたい欲も発散されたので次似たようなものを書くならオリジナルキャラクターや思い入れのないキャラでやりたいです。