読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざみ野杯 HERO

HERO クラウンブレード 大会 デッキレシピ

チーム戦出てきました~

実はチーム戦は初めてで、けっこうわくわくでした。

お宝ボックスに行くようになって、一緒にCSに行く仲間ができたのは大きいですね。

軽いデッキ解説

対戦レポの順で行きます。 

 

使用デッキ

f:id:okami-no12:20150505085838p:plain

使用デッキはこんなかんじのクラウンHEROです。

デッキコンセプト

先行を取ったのに動けない・・という初手を減らすのが構築の目標で、延々初手バランスをチェックして行って、これくらいのモンスター数なら先行でダークロウか素材にクラウンやミストを仕込んだプトレが立ちやすいかなと思えるバランスにしています。

この型だと、おろかな埋葬がHEROを引いていないときはエアーマンに、引いているときはデッキからクラウンを特殊召喚する展開札になってくれる便利カードになるのが良い感じに安定性を高めてくれている気がします。

クラウンとの相性で入ってるカード

基本普通のHEROと一緒で、クラウン要素以外は今までブログで書いてきたHEROとそんなに変わりません。

クラウン要素が入ることで今までと変わっている部分を書いていこうと思います。

ちなみにクラウンを入れる利点は前述したとおり、おろかな埋葬が強くなって何も引かない事故を減らせるところと、クラウンブレード絡みでエクシーズできると普通に強いところです。欠点はHEROの動きだけならそこまで損はしないけど、相手は入れてくるであろう増Gや幽鬼うさぎの強い打ちどころを作ってしまうところでしょうか・・。あとこの構築の場合、後攻時にモンスター引きすぎるハンドが来やすくなっているのと、途中でモンスターを引きやすくなっていて、ブリキンバーグへのヴェーラーで手札のモンスターを消化できないパターンがきつくなっているような気もします。

 ブレスル、ギャラクシーサイクロン

 この2枚はブリキン+Emトリック・クラウンでチェイン+プトレの動きをした後、チェインが倒されず残った場合に落とすカードとして、デッキに1枚でも用意しておくとけっこう変わってくると思います。

一見、有利をさらに有利にする動きに見えるんですが、実際使ってみても、チェインプトレの返しにクラウソラスのネクロスを横で立てられて、そこでチェインでブレスルを落として次のターンクラウソラスを消費なしで突破できるようにしたり、クリフォート相手ギャラクシーサイクロンを落としてスキドレからの逆転を防いだり、けっこう活躍してくれて評価高いです。

ガガガザムライ

僕はHEROにはザムライを入れずにブレハを入れる構築が好きだったんですが、クラウン+4でメイン1に素材を外せるランク4が何かしら欲しいのでザムライにしました。

メインブラホなし

ブラホがないのはクラウン要素とは関係ないんですが、今までの構築との違いです。今ブラホを最も引きたい相手であるHEROのシェアがけっこう減っていて、自分がじゃんけんで先行を取る前提の構築で環境には後攻を取るデッキもいて、先行率は6割くらいは越えてるはずなのに、先行で弱く、引くと足を引っ張る相手もそれなりにいるブラホをメインに入れているのはあまり良い策ではないのでは?と思いサイドに移しました。

 

 レポ

チーム

A席:KAGEさん(テラナイト):前日貫禄の0-4。東部で遊戯王の大会を開いてくれています。

B席:ohkami(クラウンHERO):みなさんご存じ、このブログを書いてる僕です。

C席:しゅうまつ君(列車ドール):この前一緒に点数表書いてましたね。

 

0回戦 〇〇

電車編

チームメイトとは現地集合で、電車は年下のクロクマ君と一緒に。まず国府津と横浜で乗り換えなんですが、今の時代スマフォでちょっと調べるだけで何番ホームで待てばいいのか出てくるし、地図アプリも強いし全く負ける気がしませんでした。電車で暇を潰すために準備した本もおもしろかったし完全勝利ですね。

1回戦 ネクロス 先後先✕〇ET✕

最後のチームの勝敗がかかった大事な場面で、降魔鏡発動に対して僕が変な受け答えをしてしまったところに相手が声を荒げて「今通しますって言いましたよね?言いましたよね?」とめちゃ突っ込んできて不快。

ジャッジの方が「お互いに意志疎通できたのならそう処理します」みたいなかんじで対応してくださったおかげで鉄壁を打てたんですが、お触れで結局負け。

その人は決闘開始前や決闘中は親しげに話しかけてくるタイプで僕も応じてたんですが、それだけに心の整理がしづらくてイライラ倍増で、初対面の人に親しげに話しかけられても、揉めたときの不快感が増すので、これからは決闘が終わるまでは控えめに応じるようにしようと思いました。

とりあえず1本目でブリキンサウブレに増G打たれて、罠で守った次のターンのチェインクラウン落としにも増G打たれてけっこうつらかったものの、クラウンブレードの持久力で良いところまで粘れたのは覚えてます。

ETの最後、神の警告の打ちどころが上手ければ勝ててたかもしれなくてけっこう無念。というかEDなしをETなしだと思っていて、終盤油断しきったプレイをしてたのがダメでした(アホ)。

あと1本目は序盤で多伏せ帚打たれなければ勝ちだったかなと。

 

予選4回戦なのでこの時点で決勝トーナメントは絶望で、ここで知り合いのとんかつさんのチームはドロップしてたんですが、うちはドロップしても特にやることがないので一応続けることに。

 

2回戦 テラナイト@HSさん 先先✕✕

TwitterでフォローしてなかったけどRTで元々知ってたHSさん。明るくて良さそうな方でした。

1本目は帚を打たれたようなそうでもなかったような・・(?)

2本目は普通に相手がデネブをそれなりの罠を引けていて、こちらがミストバブルエマコと脱出で戦う展開で、ミストバブルプトレを何回か罠で処理されてジリ貧になって負け。

このマッチはああすれば勝てたのに~というのが全然思い浮かばなくて、どうすれば勝てたのかよくわからなかったです。1本目でもうちょっと帚を意識していれば・・とか構築がちょっと怪しかったとかですかね(?)

 

3回戦 クリフォート@その世界さん 先後先〇✕〇

その世界さんもTwitterでフォローしてないけどRTで知ってるパターンでした。

列車っぽいイメージがあって、でもそれはけっこう昔だったから今は違うのかな・・サイコロ負けて後攻取られたしとりあえずネクロス警戒しとくか・・。みたいなかんじで先行チェインプトレ全伏せ(伏せは全部魔法カード)したら帚されたけど、相手の残りのカードがチェインプトレと後のトップだけでなんとかできるカードで勝ち。チェインでギャラクシーサイクロン落とすおしゃれプレイできて、しかもそのおかげで勝って満足。

2本目は先行ツールサクリ装備1伏せされて、妖精の風を握ってたから打たない方が良さそうだった1伏せにサイク打ってからブリキンミストしようとしたら、ヴェーラーもらって、妖精の風スタンバイで打ってみるもサクリからツール回収→ペンデュラムしてエイリアスツールもう1回起動、アポクリフォートサーチで詰みみたいな感じで負け。強ハンだった気がするのに何をやってるんだ・・。

3本目はミストへのヴェーラーにチェーンマスクした方が良かったぽいのに全然頭回ってなくて、対戦後にその世界さんに指摘して頂いて気づいたけど、その場で素直に飲み込めなかったのが反省。一応勝ち。

 

 4回戦 HERO@名前隠してたので不明 後後先〇✕〇

あんまり覚えてないです。 

3本目で闇の護封剣を打たれてけっこうピンチだったけど、おろかな埋葬で落としてプトレの素材にしたクラウンが、自分のブラホや激流に巻き込まれては何度も復活して素材になって大活躍して巻き返したのは覚えてます。

 

まとめ

で、KAGEさんが0-3-1、しゅうまつ君が3-1、僕が2-2で、チーム2-2で残念予選落ちでした。

1戦目のネクロスでもっと集中してプレイしてれば、勝ててたかもというのと、全体的にプレイが微妙だった気がするので反省です。

組んでくれたKAGEさんしゅうまつ君、一緒に行動してくれた東部勢のみなさんありがとうございました。

普段会わないTwitterやブログで知り合った方と会えたのも良かったです。

 

次はブロック戦です。

クラウンHEROを使う気まんまんだったんですが、昨日負けちゃったので使うデッキが未定になりました(汗