読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相性点数表0711&オタボ非公認

HERO デッキレシピ

非公認 レポ

まず、昼にてきとうにデッキを組んで非公認に出てきました。

暗黒界〇✕〇

妖仙獣✕〇✕

で儚く散りました~

f:id:okami-no12:20150711194836p:plain

 前々からHEROの《おろかな埋葬》が好きなのでこの構築で行ってみました。《シャドー・ミスト》にアクセスできて、伏せることもできるカードは強いです。

おろかな埋葬》で落とすカードが、《E・HERO シャドー・ミスト》以外に何もないと、ミストのターン1制限のせいで腐ることがあるので、《Emトリック・クラウン》や《BF-精鋭のゼピュロス》とセットで入れなければならず、逆にモンスター引きすぎる事故の原因になっている気もしなくもないですが・・。

 

今日回してて得たことをメモっておきます。

・《ブリキンギョ》なしの構築だと《ライオウ》をキンギョセットで止める展開にならない

入ってないから当たり前ですけどね・・。《ブリキンギョ》の枠に《デモンズ・チェーン》などの罠が入っていると考えると、別に問題ではないのかもしれないですね。

・《星守の騎士 プトレマイオス》の2枚目が欲しい

妖仙相手の負けを分析するなら、

①1本目で1体目のプトレを処理された後で、一回休みを打たれたときに、プトレ2枚目を出して、次のターン《始祖の守護者ティラス》で攻めていれば相手の伏せ次第でワンチャンス。(たしかそこで《No.39 希望皇ホープ》を出したような・・)

②3本目、詳しい手札は忘れたけど、《ハーピィの羽根帚》を警戒して《リビングデッドの呼び声》を伏せずミスト縦+チェンジ+デモチェの2伏せに抑えてればツーチャンス。

②の方は、2伏せに抑えていたらそれはそれで負けるパターンもありそうだったので、もしどうにかなっていたとしたら①。

ということで、《ダイガスタ・エメラル》かホープセットかダーク・ロウ2枚目を抜いてプトレ2枚目を入れてれば、若干のワンチャンが生まれていたのかもしれないな~と思いました。

フリーをしていても、《ダイガスタ・エメラル》で回収して《星守の騎士 プトレマイオス》を出すのでは間に合わず、《星守の騎士 プトレマイオス》2枚目がないと勝てないことが多くて、僕の中での優先順位ではプトレ2枚目はかなり高くなっていて、次はプトレとエメラル両方を入れるか、エメラルを入れずにプトレ2枚目を入れるかにすると思います。

 

 

 

 相性点数表

次に相性表です。

前にもこのブログでやったことがある企画なんですが、 あるよしさんがこの環境版のエクセルファイルを配布してたので、軽装備なかんじでてきとうに参加してみます。

th657918.hatenablog.com

ちなみに、↑このブログには、他にもかなり良い記事がたくさん載っていてオススメです。

 

判断基準

以下のような判断基準で、カードの評価をしていきます。(けっこう無意識にフィーリングで付けちゃって、基準通りになってない部分もあるかも・・)

1点...発動することができない

2点…使うことはできる弱い

3点...可もなく不可もなく

4点...ムラはあるが強い

5点...先手後手問わず強い

 

上位流行デッキ版

f:id:okami-no12:20150711204135p:plain

+やー、*などの記号を勝手につけてしまったせいで、自動で平均を出せなくなりました(アホ)。

*が付いている部分は、そのカードにしかできない役割があるカードや、同じデッキでも相手によって強さが変わると思っているカードで、解説したいものは後で解説します。 

 

 中堅デッキ版

f:id:okami-no12:20150711204144p:plain

 

*の解説

海皇に対しての*

 手札誘発全てに*が付いていますが、これは先行ディーヴァを止められるので、後攻では評価が少し上がることを示しています。

海皇を使っている人の話を見たり聞いたりすると、先行ハンデスできる手札でも、《虹光の宣告者》を立てられる手札でないとやらないという人や、そもそも《氷霊神ムーラングレイス》を入れなかったり、サイド後抜くという人の声もけっこう聞こえてきます。

しかし、ディーヴァを引いたら先行ハンデスする人が今は多数派だと思うので、海皇相手の後攻時は、HEROのように、先行展開をされてしまっても少ないコンボパーツで場を返せてしまうデッキでなければ、ある程度手札誘発を入れないと高い勝率を目指すのは難しいと思っています。

なので、海皇に対しての手札誘発は、他のデッキ以上の役割を持つということで*を付けてみました。

 

HEROに対しての*

《増殖するG》、《応戦するG》

何で*を付けたのか忘れました()。まあまあ量が多いのでね・・。ちょっと前までは、ダクロが止まらないから微妙だと思っていたんですが、増Gを打つだけで相手はダクロ単騎からプトレ単騎しかできなくなり、解決する手段が絞られるプトレクロウになる可能性が減り、増Gでその単騎の場を解決するカードを引きにいけると考えるとそこまで悪くはないんじゃないかなと思い始めました。さらに、自分が先にHEROにとってきつい場を作っている状態ならかなり強いので、評価が上がっています。が、自分の使うデッキ次第ですね・・。(自分のデッキ次第じゃないカードなんてないんですけどね)

応戦するGもそんなかんじですかね・・。

《月の書》、《禁じられた聖杯》

この2枚は、後攻1ターン目から先行のプトレやダークロウを突破しにいけるカードで、威力はイマイチですが、罠にはできない役割をこなせるので*を付けました。

《昇天の黒角笛》

これは、相手が先行プレアデスからインフィニティを狙ってきたときのみ先行展開に干渉できるカードで、相手がそのプレイばかりしてくるような環境なら強いと思うんですが、今はメインではダーク・ロウ優先で、サイド後もインフィを乗せてきてくれる確信が持てないので*です。

 

その他の*

魔術師相手の《幽鬼うさぎ》、《禁じられた聖杯》

魔術師相手のうさぎ、聖杯は巨神鳥をすぐにスマートに突破できる数少ないカードなので、*です。と思ったけど聖杯がスマートかというと怪しいですね・・。

慧眼に打つうさぎは微妙だと思っていて、そこが強くでてうさぎの評価が2*になっているんですが、プトレ、竜穴に当てるとけっこう大ダメージを与えられて、低く見過ぎているかもしれませんね。

 

ネクロス相手の無効系

トリシューラを止められるカードは*を付けてます。

 

インフェルノイド相手のブラホ

《煉獄の死徒》の有無でだいぶ評価が変わるので*です。破壊輪もけっこう変わるんですが、付け忘れですかね・・。一回書き終わるともう他人が書いたもののような気がしてきます

 

 

人の点数表にコメントするコーナーも作りたかったんですが、時間がかかりそうなので、また気分が乗ったらやることにします。

受け入れるように心の準備はしておくので、気になったところがあったら気軽にコメントどうぞ~ヽ(^。^)