読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レシピを見る会 0522、21

デッキレシピ 大会分析

先週行われた3つの大会のレシピを見て、特に気になるデッキを抜き出して見ていきます。

遊戯王DR : 第2回陸前CS -5/22遊戯王DR : 第3回ぶかみ杯 -5/22遊戯王DR : 北海道デュエルトーナメント -5/21

 

暇でない時期に全部にコメントを書いていくと雑になってしまって良くないので、パッと見て気になるところだけ書いていきます。(:_;

途中で今週僕がその中のレシピを参考に大会で使ったデッキも貼っておきます。

 

 

 

f:id:okami-no12:20160526232307p:plain

 陸前CSベスト8

リリアン

パッと見てなるほどと思ったのはエクストラのブリリアントです。メタルフォーゼは青眼と戦うとき、精霊龍で大量ペンデュラムを封じられるのももちろんつらいんですが、精霊竜をどうにかどかした後出てきた銀龍を越えられず、スタンバイフェイズに蘇生効果を使われて白き霊龍を出され、そこから攻められるのもかなりつらいです。

それでオリハルクの打点が3100あればなーと思うことがけっこうあるんですが、ブリリアントを使えば3100になっちゃうんですよね。このレシピだとエキセントリックデーモンが3枚入っていますが、エキセンで精霊龍を銀龍にさせて大量ペンデュラムしたときにこの状況はけっこうありそうです。

これは真似してみます。

パキケ

実はメインパキケの使い方よく知らないんですよね。後攻で伏せるとけっこう強いんですかね(?)相手がわからない先攻のとき、メタルフォーゼミラーや彼岸相手だと普通に倒されてアドを失う展開がけっこうありそうな気がしますけど出すんですかね?キープするんですかね?

異星倒せたり普通に蓋できたりするらしいですね。

 

 

f:id:okami-no12:20160526232207p:plain

エクストラの15枚目はフォトンストリーク・バウンサーだそうです。

陸前CS3位 

たぶん、GWの渋谷CSの一回戦で当たった方ですね!

 イグナイト2:2

スケール2、スケール7のイグナイトの比率が2:2なのが気になりました。デッキ全体で見てスケール2よりスケール7の方が少ないので、1:3の方が良いんじゃないかなと。でも、スケール2+召喚師のスキル+エキセンみたいな引き方をしたときに、デッキにスケール2のイグナイトがいてくれないとイグナイトのサーチ効果を使うとスケールが揃わなくなるとか、強貪で全部除外されるとまずいとかで不都合があるのかも・・。

 

ちなみに

ちなみに今週あったぺんぎんCSにこのイグナイトオッドマジェをベースにしたデッキで出てきました。

f:id:okami-no12:20160528224611j:image

f:id:okami-no12:20160528224614j:image 

メインは48枚です。戦績は

儀式青眼@ハキさん 〇〇

メタルフォーゼ@工場長 ✕〇〇

影列車@ファーレンハイトさん 〇ET✕ー

青眼@キールさん ✕〇✕

 で2-1-1のベスト16でした。

負けた試合は

1.先攻取られ異星で完封

2.魔封じ

3.先攻取られソルチャ→クリスタル+精霊竜+精霊竜+墓地福音

4.魔封じ

で、魔封じ、異星、DDやシンクロダークの先攻展開みたいな無理ゲーに思えるようなゲームをどうにか取らないと厳しいんだなと思いました。

 

最近デッキが迷走してたので、とりあえず自分に近いデッキを真似して出てみようと思ってイグナイトオッドマジェをベースにしてました。当日の朝、イグナイト部分をメタルフォーゼ出張に変えた方がスケール破壊に対して頑丈になって良いんじゃないか?と思って良いかんじに変えたのがこのデッキです。

ベ―スのデッキには入ってないんですけど、テラフォを入れるマジェなら魔法族の里が強いと思うんですよね・・。賢士で解除されちゃうんですけど、帚、ツイツイなどパワーのある魔法をメインギミックごと抑えられるのはかなり強いです。それに解除されても、相手の他の手札が整ってなければそのまま負けるわけじゃないですからね。

コンビネーションとカウンターの枚数比は要検討です。

ブロック戦どうしよう・・。良いかんじのデッキ募集。

 

 

f:id:okami-no12:20160526232334p:plain

 陸前CSベスト8

 SR幻影なら前に試したんですけど、SRだけってパターンもあるんですね。

エクストラにしか蘇生対象がいない福音が僕だと思いつかなそうな発想でおもしろいと思いました。

サイドの大暴落が増Gつっぱ以外の発動の仕方がわからないんですけどどうなんでしょう。

 

 

では。