読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NECH8:注目カード2

新カード考察

NECH7:注目カードPart1 - 遊戯王書いてく。

昨日のつづきでPart1程ではないけどちょっと気になるカードを考えていきます

マシンナーズ・メガフォーム 5.4

星8 地属性 機械族 ATK/2600 DEF/1500
「マシンナーズ・メガフォーム」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「マシンナーズ・メガフォーム」以外の「マシンナーズ」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「マシンナーズ・フォートレス」が自分の墓地へ送られた場合、その「マシンナーズ・フォートレス」1体を墓地から除外して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

ギアフレームのサーチ先でカノンやフォースより優秀。

 

雷帝ザボルグ 6.2

星8 光属性 雷族 ATK/2800 DEF/1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを破壊する。破壊したモンスターが光属性だった場合、その元々のレベルまたはランクの数だけ、お互いはそれぞれ自分のエクストラデッキからカードを選んで墓地へ送る。このカードが光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

自身を破壊すれば8枚でエクストラデッキを墓地送りにでき、他の光属性がいればそれを破壊しつつエクストラ破壊を行える。

相手のエクストラを削るカードとして考えた場合

選んで墓地送りにできれば4×3のエクシーズを全部墓地送りにしてセプタースローネで出せるエクシーズをなくしたり、マスクチェンジから出せるカードをなくしたりメインデッキのカードを腐らせることで疑似的にアドバンテージを得ることができる。しかし相手が選んで落とす場合は大した効果は得られないことが多くむしろ相手に墓地リソースを与える結果になってしまう可能性もあるので光属性をリリースして出せないならば相手のエクストラを削ることには期待しない方が良さそう。(2回出せば15枚全部削れるが・・)

自分のエクストラを墓地に移動させるカードとして

同パックの虹光の宣告者を3枚墓地に置けば儀式魔法か儀式モンスター3枚サーチできるので生贄素材2体+ザボルグの3枚消費で3枚サーチできるのでアドバンテージ的には釣り合う。また、そのまま儀式召喚ができる。

ミラクル系の融合やセフィロンとも組み合わせられる。

しかし、そもそも召喚するのがそこそこ大変で腐りやすいわりにサーチしづらいカードなので主軸にしづらくコンボ目的で入れるのは弱そう。

独特で派手な効果なのでそのうち使ってみたい。

 

始祖竜ワイアーム 7.4

星9 闇属性 ドラゴン族・融合 ATK/2700 DEF/2000
通常モンスター×2
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
①「始祖竜ワイアーム」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは通常モンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されず、このカード以外のモンスターの効果を受けない。

これを入れていると超融合でヘリオロープ×2を吸えたりするが超融合を使うデッキですぐに思いつくHEROやシャドールにそんなに枠が余っているかは怪しい印象。ただヴェルズが流行っていれば必要になる機会はそこそこありそうで、しかも決まれば即勝ちにつながるところなので難しい。

メインに超融合が入らないデッキでヴェルズ相手に超融合を入れることはなさそう。

ドラゴン族なので龍の鏡で出せる。

モンスター相手に無敵で脱出などを握れていない相手を簡単に詰ませることができるので超融合でなくても強そう。

 

帝王の轟毅 7.6

速攻魔法
①:自分フィールドのレベル5以上の通常召喚された表側表示モンスター1体をリリースし、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、属性を1つ宣言して発動できる。フィールドの全ての表側表示モンスターは、ターン終了時まで宣言した属性になる。

 速攻魔法なので大嵐やトレードインなども無効にできる。

自分の属性サポートを補助したり、接触+ワイバスターで構えて相手ターンネフィリムをしてきそうな相手に使って接触を無理やり使わせるなど相手の属性指定のサポートの発動タイミングを狂わせたり②の効果も細かいところで使えそう。

 

まとめ

ワールドプレミア枠が導入されたLEGACY OF THE VALIANT以降最近のパックはそれ以前と比べて使いたいと思わされるパワーの高いカードおもしろいカードの比率が増して良くなっているように感じる。このパックもZEXALの最終回で活躍したカードやクリフォート、新規シャドール、忠告やダークリベリオンのような強めな汎用カードなど目を引かれるカードが多く魅力のあるパックになっているように感じる。(けどスーパーやウルトラの値段は安そう・・?)