読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新カードチェック ‐ 決闘者の栄光

新カード考察

今回はエラッタされた元禁止カードも見ていきます。

決闘者の栄光 -記憶の断片- side:闇遊戯

闇遊戯verですね。

黒・爆・裂・破・魔・導  1

速攻魔法
①:元々のカード名が「ブラック・マジシャン」と「ブラック・マジシャン・ガール」となるモンスターがそれぞれ自分フィールドに存在する場合に発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。

ブラックマジシャンとガール両方が揃ってないといけなくてかなり条件がつらいですね。

一瞬ブラックマジシャンがいれば使えるのかと勘違いして黒魔導の強化版かと思ってしまいました。

 

永遠の魂  4

永続罠
「永遠の魂」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。
●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

①の効果はターンに1度しか使えませんが、永続罠なので相手ターンにも使えて自分ターンで1回相手ターンで1回使えるので実質2回ですね。

ブラックマジシャンを墓地に送るのはプリズマーを使えば簡単なのでそういったデッキならけっこう使いやすそう。出張カードとして使うのは厳しめ・・(?)

千本ナイフも黒魔導を手札に加えるのは墓地からではダメなので使おうとすると事故の多そうな構築になってしまうのが微妙に感じます。

②の効果は肝心のブラックマジシャンが幽閉されたりしなくなるのと激流葬を気にせず展開できるのが良さそうです。

たぶん記憶の断片の新規カードはミラクルコンタクトやアドバンス宝玉獣のフィールドと同じで、全然当たらないけど、環境デッキでは使われないコレクター向けのレアカード枠だと思ってるんですが、これはそのわりにはそこそこ強くて値段が高くなりそうだと思います。

 

死のデッキ破壊ウイルス  7

通常罠
①:自分フィールドの攻撃力1000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。相手フィールドのモンスター及び相手の手札を全て確認し、その内の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。その後、相手はデッキから攻撃力1500以上のモンスターを3体まで選んで破壊できる。このカードの発動後、次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

エラッタされた部分が赤になってます。

3ターンの間相手のドローカードを確認して1500以上のモンスターを破壊する効果が消えてデメリット効果になっています。

相手デッキの1500以上を破壊させてしまう効果を適当に探すと・・

シャドール:ビースト、リザード、ドラゴン

汎用カード:ファイアハンド、タックルセイダー、エクリプス、征竜、ゼピュロス

その他:バトレイン、ハーピィ・ハービスト、タスケナイト、ヘルウェイ、IFジェネラル

などなどそこそこ多いです。。

それでもシャドール以外では落とさせてしまっても致命傷になるようなカードは、すぐ思いつくカードだとIFジェネラルとファイアハンドくらいしかないので、そんなに恐れる必要もないように思います。

【死デッキ媒体】 - ギルド屋さん

↑で紹介されているように使いやすい媒介になるカードも多いです。

ただ、最近の環境だとHERO、クリフォート(ツールが機能してると効きづらい)、シャドールなど他の罠を使った方が良さそうなデッキが強くて微妙な気も・・?

 

破壊輪  8

通常罠
「破壊輪」は1ターンに1枚しか発動できない。①:相手ターンに、相手LPの数値以下の攻撃力を持つ相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターを破壊し、自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

相手のLP(ライフポイント)以上の攻撃力を持つモンスターを破壊できなくなって、相手のLPが低いと腐るようになったところと、自分モンスターを破壊できなくなったところが主な変更点ですね。

さらに裁定にもよりますが、自分からダメージを受けるようになって引き分けになる状況で使っても自分が一方的に負けになるようになっているようです。

エラッタ後でもこのカードはフリーチェーンの破壊カードなのでわかりやすく強いです。ダメージは元々の攻撃力参照で、クリフォート、列車など元々の攻撃力と場での攻撃力が違うモンスターを破壊すると元々の攻撃力分のダメージが入る関係で、相手のLPピッタリでない攻撃力のモンスターを破壊してもトドメに使えるので覚えておくと良さそうです。

 

 

決闘者の栄光 -記憶の断片- side:武藤遊戯

表遊戯verです。

黒・魔・導・爆・裂・破  2

通常魔法
①:自分フィールドに「ブラック・マジシャン・ガール」モンスターが存在する場合に発動できる。相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

ブラックマジシャンの専用魔法は魔法罠を全部破壊して、ガールの専用魔法はモンスターを全部破壊。合わせると速攻魔法で場のカード全部破壊。ということですね。 

 

ピースの輪  1

通常魔法
①:相手フィールドにモンスターが3体以上存在し、自分フィールドにカードが存在しない場合、自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、そのターンのメインフェイズ1に発動できる。自分はデッキからカードを1枚選び、お互いに確認して手札に加える。

条件が異常に厳しい。ダイヤモンドガイでめくれたらラッキー枠ですかね。

 イラストは原作3~5巻あたり(たぶん)でやってたDEATH‐T編(綴り自信ない)の名場面の再現でなかなかコレクター受けしそう。

 

キラー・スネーク  4

星1 水属性 爬虫類族 ATK/300 DEF/250
「キラー・スネーク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、自分スタンバイフェイズに発動できる。このカードを手札に戻す。次の相手エンドフェイズに自分の墓地の「キラー・スネーク」1体を選んで除外する。

スタンバイフェイスにコストにすればそのターン中にまた回収!とできなくなって、さらに回収した次のターンに墓地にあると除外されてしまうようになりました。

エラッタなしで解除しても良かったような気も(?)

除外されるのは回収した次の相手エンドなので回収してすぐコストにせず次の次のターンに捨てるようにすれば、まだ無限に回収できます。

 

王家の神殿  2

永続魔法
「王家の神殿」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分は罠カード1枚をセットしたターンに発動できる。
②:自分フィールドの表側表示の「聖獣セルケト」1体とこのカードを墓地へ送ってこの効果を発動できる。手札・デッキのモンスター1体またはエクストラデッキの融合モンスター1体を特殊召喚する。

①の効果で強欲な瓶→八咫烏の骸→何か→何かみたいなかんじで連続ドローしていくことができなくなったので昔の使い方は不可能になりました。(エラッタなしで解除されてもサーチする手段が黄金櫃くらいしかないしそんなに強いカードだと思わないけど・・。遅延してドロー加速で引き当てるようにすれば以外と・・?)

 

現世と冥界の逆転  1

通常罠
「現世と冥界の逆転」はデュエル中に1枚しか発動できない。
①:お互いの墓地のカードがそれぞれ15枚以上の場合に1000LPを払って発動できる。お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキと墓地のカードを全て入れ替え、その後デッキをシャッフルする。

お互いの墓地が15枚でないといけなくなったため相手のデッキ切れを狙う使い方ができなくなって、今までとは全然違うカードになった。

相手がデッキ切れするのを防ぎながら遅延してETに勝つような使い方しか思いつかないが・・(?)。

 

 

Vジャンプ 1/21発売

混沌帝龍 -終焉の使者-  7

星8 闇属性 ドラゴン族/特殊召喚 ATK/3000 DEF/2500
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。

地味に通常召喚できないというテキストが追加されて一回正規ルートで出した後でも死者蘇生できなくなっているそうです。

全体除去を行うターン他の効果を使えないので、場を片付けてから征竜を出したり、シャドールを巻き込んで全体除去の後もリソースが尽きないようにすることができなくなっています。

・・が、 エクリプス・ワイバーンでサーチできる特殊召喚できる3000というだけでもそこそこ強そうですね。

劣勢時にワンチャンスリセットを狙えるのも◎

 

 

ということでした~。