モンスター多めアダマシア2

前回のフルモンアダマシアの改良版です。

okami-no.hatenablog.com

 

 

f:id:okami-no12:20200212011811j:plain

フルモンだとピンと来ないので魔法を入れ始めました。こっちにしたらわりと印象が良くなりました。

 

 

強欲で貪欲な壺

デッキからカードを呼び出すカードは《水晶機巧-ハリファイバー》のみなので、強欲で貪欲な壺3積みです。

旧ルールの場合、《幻獣機オライオン》が飛ぶと《水晶機巧-ハリファイバー》が弱くなってリンクマーカーを使ってシンクロモンスターを複数展開しづらくなるのでかなりきついですが、新ルールならリンクモンスターが重要ではないので、相性が良いです。

 

《魔救の息吹》

《魔救の息吹》は劣化版《死者蘇生》感覚で入れてみたのですが、試してみたら《魔救の奇跡-レオナイト》で特殊召喚できるカードを引く確率が上がるのがかなり強くて《死者蘇生》より優先して良さそうです。

コアキメイルや好きな色の属性奇石にアクセスできるのも良いです。

 

デッキ全体

初動の 《魔救の追求者》《魔救の探索者》《魔救の分析者》がそれぞれ特殊召喚できる効果を持っているので、重ねて引けば《エクストラ・ヴェーラー》や《無限泡影》、《灰流うらら》を受けても引いた分だけ展開できるのが強いです。

f:id:okami-no12:20200212020812j:plain

今のところ上画像分をデッキのベースとして他をいじるようにしています。

①初動になるアダマシアカード9枚

 ・《魔救の追求者》3

 ・《魔救の探索者》3

 ・《魔救の分析者》3

②初動のアダマシアでめくる岩石族レベル4以下モンスター14枚

 ・コアキメイル7

 ・アダマシアの奇石7

③ハリファイバーで呼ぶ用

 ・《幻獣機オライオン》1

④中盤の返し札兼、レオナイトで引く用

 ・《魔救の息吹》3

 

 

②は削りたいけど削ると回らなくなる枠なので難しいです。僕はこれくらい無いと事故多発デッキになると思うんですが、発売後みんなが何枚くらい入れるのか気になります。

 

 ではまた。